耕す

上海から帰って、大阪での展示会を終えて、ようやく日常が戻ってきました。
(大阪展の様子はtsutateのインスタグラムに載せています。)
そうして数少ない趣味のひとつ、庭いじりと畑も再開です。
今日は夏野菜の植え付けの準備をしたのですが、畑を耕してみました。
当初は自然農にして、ゴーシュのお庭で何が育つのか、ゴーシュという場所で生まれる循環を見ていきたいと思っていたのですが、なんだか無性に畑を耕したくなってしまったのです。
そして、ある農家さんのひと言にとても納得したのです。

「土地から(収穫で)持ち出したらその分入れてあげなきゃね」

畑を耕して流す汗はとても気持ちいいし、クワを振ってゆっくり張ってくる肩も悪くない。
労働の喜びでしょうか。
それとも、耕す、という行為の無意識に働きかける充実感でしょうか。
いやー、気持ちよかったです。
そして、今年はスイカを育てたい!
シャクシャクしながら食べたい!
変わり種も見つけたので、5種類くらい植えてみます。

中身じゃなくて皮が黄色いのって初めてみました。

実家の母から肥料の差し入れ。

左 耕したところ、中 そのまんま自然農(そらまめが育っています。)右 お庭

上海

初めての上海はなんというか、中国の力強さを感じさせられたような、常識という価値観の違いを見せつけられたというか、とても興味深い体験がたくさんありました。
それはそうとして、滞在の目的はジュコさんが参加する展示会への同行。
こちららもまた、とても感じることが多い時間でした。
いわゆるアパレル合同展示会という場に久しぶりに行ったのですが、これまでとは立場が違い、参加する側の一員です。
そして、僕も小さいながらもブランドを運営する身としての意識もありながらの滞在。
いろいろと考えざるを得ない場でした。

半年に一度のペースで繰り返される新作発表。
それぞれが意志をもってそれぞれの表現をし、一斉に同じ場で、バイヤーさんたちに、来場者に、伝える。
ブースを回っていると、ある程度ビジュアルの作り方にフォーマットのような物が見えてきます。
一見するとそれは似たり寄ったりに感じがちですが、それは見方を変えれば、それが一番伝わりやすい手段なのかもしれません。
伝えるということは他者を意識することであり、経済活動の中でそれを行う場合、往々にして自らの出発点を見失うことも起こりえます。
あれをしたい、これをしたい。
でも、そうすると伝わりにくいからこうしよう、ああしよう。
そうしていつの間にか、やりたかったことがどんどん変わっていく。
それはそれでとても必要なことだし、実際に僕も「人と共有したい」欲が年々高まって今があります。
人に伝わる表現が僕のしたい表現です。って胸を張って言いたい。
でも、織りを始めた頃はそんなことまったく考えもせず、それこそ無邪気に織りまくっていました。
用途もなにも考えずに、気の向くままに織っていました。
その時間があったからこそ、今は自然と人の為になる物が織りたくなったのだと思います。
今の日本で生きていくには、経済性は絶対に必要ですし、手織りで生きていきたい、という人にはゴーシュとしてできる限り力になりたい。
でも、経済活動は別として、手織りを暮らしの一部として取り入れていくことだって、充分手織りとともに生きていくことだと思います。
だから、ゴーシュで手織りをする人たちには本当に自分が織りたい物を織って欲しいと思いました。
チェックだって無地だっていいんです。
売れるような物はどんなだろうなって考えて織ったっていいと思う。
すごく難しくって、僕にもわからないけど。
でも、そうして織りたいと思った物を織りたいように織っていって、自然といつの間にか自分の織りたい物、やりたいことが見つかったらいいんだと思う。
だから、ゴーシュでは本当に自由に織って欲しいし、自由に織れるお手伝いがしたい。
ゴーシュをそんな場にしていきたい。
展示会場を回りながら、そんなことを考えていました。

上海、行ってよかったな。

また行きたい。

お休みの日は環境整備をしています。
この前は庭木の剪定をしました。
ゴーシュのお庭には大きな山桃をはじめたくさんの木があるのですが、住宅地にある立地でもこの木たちのおかげで特別な空気を感じることができます。
アトリエとお庭を囲む垣根があって、木々も大小合わせて20本以上。
気持ちがいい場所だな。
こんな場所でアトリエができたらいいな。
お庭に生きる木たちとともに、アトリエも育てていきたいな。
あの時ふんわりと感じた想いのままに、何時ぶりか分からない木登りをすることになりました。

地上約4mくらいかな?
登りだしたら楽しくなってしまってジュコさんを心配させてしまいましたが、無事怪我もなく剪定完了!
一度お庭を見てくれた庭師さんも
「住んでる人が一番庭を見てるんだから、やる気があるなら住んでる人が剪定でもなんでもやるのが一番いいと思うんだよ」
と言っていましたが、やってみるとなるほどお庭の見方も変わりますし、剪定するってこともかなりデザインの要素があるなーと感じたり、そこにまた生き物だから時期のこともあったり、切り口のことも気にしたりって、色々と奥深くって、ほんとなんでも一緒なんだよなー、って当たり前をまた改めて感じることができました。

before

after

伸びまくった枝を落として、密集し始めた内側の小枝を落として風通しを良くして。
受け売りの知識ばかりですが、なんとか形にはなったのかな、なんて思っています。
(スケスケすぎますかね?)

枝もたっくさん

枇杷の木も剪定しました

枇杷の葉は焼酎につけて虫除けにしたり、温湿布にしたり、乾燥させてお茶にしたりと色々活用できそうです。

身の回りにあるもので暮らしが整えられたらもう、なんて贅沢なのかしらっ!
そろそろ畑の準備もしたいところです。
ゴーシュに来てくれる方々には、織る楽しさはもちろん、暮らしにまつわる色々をつくる楽しさも感じてもらいたいな。
ってことで、色々と手を動かして暮らしています。

ゴーシュの日々やメンバーさん、体験さんの作品は主にインスタグラムにアップしていますので、そちらも見てみてください。

ゴーシュのインスタグラム →  ◯◯◯

僕(酒寄剛史)はこんなものを織っています。 →  ◯◯◯

ルーティーン

ある程度、自分のルーティーンを作る必要性を感じるここ最近です。
というのも、日々暮らしているなかで「やりたいこと」と「やらなくちゃいけないこと」があるわけですが、どうしたって「やりたいこと」を先にやってしまうわけです。
でも、その「やりたいこと」をやるためには「やらなきゃいけないこと」を先にやったほうが、結果、「やりたいこと」がよりやりやすくなったりするわけです。

「やりたいこと」
・作品制作
・読書
・ランニング
・庭作り
・糸棚作り
・穴の空いたデニムリペア
・毎晩のストレッチ
・語学
・カメラ
・つくばの名所巡り
・野菜作り
・お庭の木にブランコぶら下げる
・ブログ更新
などなど順不同

「やらなきゃいけないこと」
・事務部屋の整理整頓
・年賀状整理
・毎月の帳簿整理
・パソコンのデータ管理
・tsutaeのHPリニューアル
などなどこれまた順不同

さっとこれだけ思いつくわけですが、「やらなきゃいけないこと」が「やりたいこと」にならない理由ってなんでしょう。
いつも後回しにしちゃうから「やらなきゃいけないこと」に分類されたわけですが、んむむむ、なぜだ。
まだ理由はわかりませんが、上記の理由により、「やらなきゃいけないこと」もこうして書き出している時点で「やりたいこと」なのかもしれないぞ?ということで、色々整理整頓のルーティーンを決めようと思います。

18:00になったら事務部屋行って、最低30分はそこでしかできない仕事をする!
今、決めた!

そこでやることといったら主にデスクワーク。
事務仕事、しっかりやろうと思います。
それでちゃんと足元を確認しながら、ゴーシュやtsutaeの可能性を広げていきたい。

アトリエのお庭にふきのとうがたくさん芽吹いていました。
春はもう来ているんですね。
今夜は天ぷらにしよーっと!

ジュコさん

さて、今日は何を書こうかな〜、この前は食レポだったしな〜、なんて思いながら書く前に奥さん(ジュコさん)のブログを読んでみました。
なかなかブログ書けないけれど最近アップした、なんて言ってたし、どれどれ、なんて軽い気持ちで。
そうしたら、いや、なんというか、改めて心の底に落ち着く言葉が多くって。
出会って一年で結婚して、一緒に暮らすようになって9ヶ月。
毎日一緒にいるようになり、見えなかった部分もたくさん知るようになりました。
同じ物作りを生業とする僕たち。
でも、仕事の仕方は全然違います。
僕は、最初から最後まで制作は自分一人でしています。
一方ジュコさんは靴作りにおいて、職人さんやスタッフさんたちとのやり取りが欠かせません。
僕にとってのジュコさんは、とってもチャーミングで、裏表がなくって、誰に対しても全力で、愛情の塊みたいな人。
家族になってから、一緒に重ねる日常がそのことを伝えてくれています。

僕たちは、毎朝つくば駅に向かう車の中で、家路に向かう帰りの車の中で、ご飯を食べながら、お茶をしながら、いつもお互いの仕事の話をしています。
そうして、僕の中のジュコさんがどんどん彩りを増していきます。
でも、久しぶりに活字の状態からジュコさんの想いを知って。
あぁ、この人は出会った頃から何も変わっていない。
本当に芯のしっかりとした人。
ジュコさんはジュコさんのままなんだな。
凛とした姿勢で今も変わらず生きている。
そう想いました。
反面、僕はもう、ブログで食レポって、、、もっと書くべきこと、伝えるべきことがあるだろうに、なんてちょっと反省。
いろいろ考えて書いていても、書く方も読む方も疲れちゃうよなーなんて思っていたりするのですが、それでも、真剣な言葉というのはちゃんと相手に届くんですよね。真剣な姿勢は必ず伝わるんですよね。
改めて、教えてもらいました。
ジュコさんのことも書いているから、何度も何度も読み返しながらここまで書きました。(こんな短いのにいつの間にか1時間)
変な文になってないといいな。
ちゃんと伝わるといいな。
アトリエゴーシュのブログなのに、結局いつも僕のことばかり書いていますね。
手織りの楽しさについて、とかほんとは書かなくちゃいけないんだろうけれど。
少しずつ、色々書いていきます。
今日も、読んでくれてありがとうございます。

なんやかんや

個展が終わって今度は4月の個展に向けてあれこれ考えていたり、出張の予定やら何やらなんやかんややっていたら、ブログ更新が一週間も空いてしまいました、、、。むむう。
そんな久しぶりの投稿はなんやかんや、、、、いやいや、先日の大阪個展の際に教えてもらっていったご飯屋さん、「なんやかんや」がとーっても美味しかったので、ご紹介!


この地元感溢れる外観がたまらなく美味しそう。
なんやかんや行ったら、とりあえずあんかけチャーハンと餃子食べて!とのオススメに従い、食べました。


蟹あんかけチャーハン。


餃子。

どちらもめちゃめちゃうまい、、、。

全く気取らない店内(カウンターだけ)にご家族と思われるスタッフさんが全く私語無く(むしろ言葉無く)テキパキと阿吽の呼吸で次々と美味しそうなご飯を作りまくっています。
一品料理を食べてさらりと帰る一人客もいれば、飲みながらつまみをちょいちょい食べてる中年カップルがいたり、店内の雰囲気はもう最高。
お水が減ったらさささと注ぎに来てくれますし、何より料理の作りっぷりが本当に最高。
作っている姿を見ながらお酒飲めます。
チャーハンと餃子でいい具合にお腹も満たされたのですが、あまりにも美味しそうに作っているから、「ここの麻婆豆腐はどうやって作っているんだろう、、、」と作り方が見たくなってしまい、追加注文してしまいました。
(すでに腹7分目)

お腹は確かにはち切れんばかりになってきましたが、それ以上に気持ちの満足度120点で、美味しく平らげた追加のマーボー。
そんな雰囲気でもないのに気持ちよくなってしまった僕は(呑んではいない)帰り際に「美味しかったです!」と一言。
そしたら、大竹まこと似の旦那さんがニコリと笑顔で「おおきにっ!」。
メニュー全制覇したくなるお店でございました。

個展が終わって。

昨日をもって、大阪での個展が終わりました。
展示会が終わる度に色々な想いが溜まっていきます。
初めての関西での個展。
つくばからしたら結構遠いです、関西。
搬入を車でしたので、なおのこと遠さを感じましたが、それでも気持ちが動いたのならそれに従うまでよっ!という勢いと共に、やってきました。
そうして毎回、またやるぞって気持ちになります。
物作りをしていると、ふとした瞬間に物理的な距離を越えられたような、越えているような気持ちになることがあります。
それは、その場に僕がいなくとも、作品を通して、作品を伝えてくれる人を通して、僕が作品のその先にいる方々と出会っているような気持ちになるからです。

ストール一枚一枚織りながら、思うんです。
手織りは一見地道で神経をすり減らしながら行う大変な作業だと思われがちですが、そんなことないんだよーって。
とーってもおもしろくって、自由な世界だぜーって。
それはもちろん、どんな織りをしたいかによって変わってくることもあるのだけれど、僕は手織りをすればするほど、その面白さや奥深さにのめり込んでいます。
そして、これからの世の中にとっての可能性の大きさも感じています。

次の展示会は4月。
ここから春に向かって、アトリエでも少し企画を考えています。
何ができるかな。
何をやろうかな。

ご期待くださいー!

生き物交流

アトリエのお庭には山桃や梅、びわ、柿、柚子などいろいろな木が植えられているのですが、ご飯を求めて?木陰を求めて?小鳥たちがよくやってきます。
いろいろな種類の鳥くんたちがやってくるのだな〜と、これまでぼんやり見ていたのですが、これからは少しコミュニケーションをとってみようと思い立ちました。
そう、餌付け作戦です。

これ見よがしに漬物石を持ってきて、その上にりんごを置く。
あからさますぎてむしろやってこないんじゃないか?とも思いつつ、ワクワクしながら部屋へ戻り、ちらちらとお庭を見る。

いつも通りいろんな鳥たちが来るのですが、なかなかりんごには近寄りません。
地面をなにやらついばむ小鳥ちゃんもいるので、あれ、これはりんご、大きかったかな?なんて思っていた矢先。

キター!
大きめの小鳥、キター!
山桃の枝に止まって、獲物(りんご)を眺めることしばらく。
意を決したのかブワッと飛び下り、ちょいちょいついばんでくれました。

山桃から行ったり来たりを繰り返して、最後はりんご2かけ、見事になくなりました。
うーん、なんだか楽しい。
いつか、小鳥のご飯場になるようなテーブルでもつくろう。
それで、いつか、直接手の平でご飯あげられるようになったらいいな。

なんて考えながらふと気になることが浮かびました。

鳥への餌付けって、ご近所迷惑に繋がったりするのかしら?!
ふんとか、フンとか、糞とか!?

住宅地に住む際の社会一般的なルールに反していると思われた方。
暖かい気持ちでもって、「それはだめだよ〜」ってコンタクトよりお知らせください。

個展開始!

小さな車になんとか作品積み込んで、12:00につくばを出発してから滞在先の奈良に着いたのは21:30でした。
途中も通行止めがあるやらなんやらでドキドキしっぱなしでしたが、無事関西に着けて、搬入も終え、初日、二日目と在廊することができました。

今回の会場ディスプレイは、インテリアスタイリストもされているオーナーさんにご意見いただきながら、なるほどふむふむ、あれは?こうやってみたら?などなど普段とは違う感覚で設営しました。
女性らしい暖かな内装のギャラリーに、女性の感性を盛り込みながら男の手織り作品が並ぶ。
あんまり甘くなりすぎないように、でも、冷たい感じがしないように。
来てくれた人に、楽しい記憶を持って帰ってもらえるように。

二日間の在廊では、とても楽しく、気持ちの良い時間を過ごすことができました。
初めましての方々ばかりとお会いしましたが、みなさん気持ちの良い人たちで、オーナーさんの日々が伝わってくるようでした。

会期は今週日曜日まで。

関西方面のみなさん、この機会にbanQuet87へどうぞお運びくださいませ。

酒寄剛史 展
2018年1月27日(土)〜2月4日(日)
南堀江banQuet87
大阪府大阪市西区南堀江4-9-34 大森ビル201
090-6373-8700
12:00~18:00

 

 

 

 

雪の影響

各地に雪の影響が出ているそうですが、まさか今週末からの個展にも影響が出るとは思いませんでした。


雪下ろしだワイワイ!なんてやってる場合じゃありません。
運送会社さんが軒並み混乱していて、荷物を大阪まで届けられるか分からないそうです。
来週になれば、、、とのことですがもう個展始まってしまいますー!
ということで、レンタカーで運ぼうかと思ったらこれまたスタッドレスタイヤの機種は全て無くなっていたりなんだりと、色々とてんやわんやしはじめました、、、、。
ブログ書いている余裕もないのが正直なところですが、こんな時こそブログを書けば少しは気持ちに余裕もできるかな、、、なんて。
ひとまず作品梱包全て終わらせて、荷物サイズ確定させて、さて、それからどうするか!です。
次は落ち着いて気持ちよくブログを書けるようこれから整えるぞ!

そしてみなさん、大阪で会いましょう!

酒寄剛史 展
2018年1月27日(土)〜2月4日(日)
南堀江banQuet87 大阪府大阪市西区南堀江4-9-34 大森ビル201
12:00~18:00
※作家在廊日27(土)28(日)