-手織りとの暮らしを始めるまで-

-糸、売ってます。-

ミシン糸や刺繍糸しか見たことのなかった僕は、いわゆる工業用の糸、のようなサインも相まって気の向くままにそのお店へ足を運びます。
吉祥寺の商店街に面したマンションの3階。
表からは見えないそのロケーションも心を踊らせる。
少し空いたドアから漏れる光に導かれて入ったそこで目に飛び込んできたのは、糸より先に織機でした。
そこは糸屋さんではなく、手織工房だったのです。
そこで、手織りのこと、糸のこと、表現に対する考え方のこと、色々と話を聞き、一気に好奇心に火がついた僕は、日を改めて手織り体験に向かったのでした。
その後、織ってみたら気がつくこと、感じること、初めて知ること、多々、多々。
一番に感じたことといえば、「手織りってこんなに自由なものだったの!?」ということでしょうか。
なんとなーく思っていた「手織りってこんなもの」というイメージ(思い込み)がどんどん無くなっていき、その面白さと可能性にのめり込んで行きました。
もともと服好きだった僕は、自分が織ったマフラーを巻いているだけで、なんだか特別な自分になれたような気がして、それこそ、誰にもできない自分だけのファッションを見つけられたような気がして、とても嬉しかったのです。
その後は、時間があれば体験に足繁く通い、1~2年くらい、好き勝手に、織りたいように織っていました。
僕が体験で織るとなりでは、会員さんがタテ糸作りからオリジナルの作品を製作していましたが、「そんな細かい作業無理無理!」なんて思いながら、わさわさ、もじゃもじゃ、時にちまちま、織っていました。

そうして転機がやってきます。

キャンディ屋さんでの仕事を辞めることになりました。
オーナーとの確執、というと聞こえは悪いですが、どうにも僕の我が強すぎたのです。その後、オーナーとは街で会っても話をしますし、わだかまりは無いのですが、その当時の僕は、全然ダメで。。。
兎にも角にも、次のステージへ進まねば。
この道が無いのだから、違う道を歩かなくっちゃ。
そこで浮かんできたのが、手織りの世界でした。

織れば織るほどのめり込んでいく手織りの表現、工程。
タテ糸作りから自分でできるようになれば、どんなものが織れるのだろう。
そんな気持ちのまま、手織工房の会員になってやってみようと改めて門を叩きました。
そうすると、思いがけない言葉が聞こえてきたのです。

「うちのスタッフになってみない?」

つづく。

– 20代、手織りと出会うまで –

1月14日、成人の日ですね。
当時、「成人式にはちょんまげ袴で出るんだ!」と息巻いていた僕は、古着好きもあいまって全力で髪を伸ばし、それこそ、襟足が肩甲骨に届くくらいまで伸びていたころもありました。
ごそごそしてみたらあの頃の画像が出てきたのでちらり。


ちょうどハタチの頃、吉祥寺はハモニカ横丁に足を踏み入れ始めた時です。

ちなみに今はこれ。

農家のおじさん?

いやいや気を取り直して、当時は花火大会でもないのに浴衣を着ては街中を歩いてワクワクしていましてた。
僕は自他共に認める服好き、いわゆるファッション野郎だったんですね。
一般大学には行ったものの、時間があれば原宿、渋谷、青山、代官山、下北沢、高円寺、時に町田、帰郷の途中下車で柏とか、服屋があるところ所構わず行けそうな街には足を運んでいました。
毎日違うコーディネートじゃなくちゃ気が済まないし、スタイリングを考えることが楽しくってしょうがなかったです。
バンドマンに憧れて、パンクロックよろしくライブに行きまくり、ベースを弾いてバンドの真似事をしていた時期もありました。
それでも仕事として従事したのはもっぱら飲食業ばかり。
料理好きの兄と都内で二人暮らしをしていた時に、料理の楽しさ、飲み歩きの面白さを教えてもらい(教え込まれ?)始めての就職先はラーメン屋さんでした。
7時から22時半まで働き、それから仲間と飲みに行って始発で帰り、2~3時間寝てから仕事へ行く、なんて日もよくありました。
若かったなー。
そんな生活の中でも、パンツを自分で染め直したり、穴が空いたら刺繍糸でステッチ入れて直したり、古着屋巡りを続けたり、、、手を動かしながら、服に近い時間も変わらずありました。

その後、キャンディの輝きに心奪われハンドメイドキャンディーショップへ入店。
たまたまつけたテレビから流れてきたのはちい散歩。
地井さんが街を歩きながらふと入ったそのお店では、液体のキャンディが色付けされて練られ、形がどんどん変わって最後はキラキラ輝くキャンディになるまでの一部始終が目の前で繰り広げられていました。
「温かいキャンディのご試食どうぞ〜」なんて、練り上げたばかりのキャンディをびよーんて伸ばして切って試食であげてたり。
これだこれだ!
僕のやりたかったのはこれだ!
この仕事には飲食業の楽しさと物作りの楽しさと、両方があるじゃないか!
そう思ったらやってみなきゃ気が済まないのは、亥年生まれのB型だから。
スタッフ募集もしていないのに、電話をかけたり、履歴書送ったり、はたまたそのお店のオーナーが海外で修行してきたことを知ったら現地のそのお店まで行ってみて、また働きたいってお手紙書いてみたり。
若かったなー。
今さらながら、結構迷惑かけていたと思います、、、、。
改めて、お騒がせいたしました。。。
そうしてどうにかこうにか入店し、キャンディ職人への道をまっしぐらに突き進んでいた20代中盤。
とある休日、相変わらず大好きな吉祥寺の街中を歩いていた時に見つけた看板の文字に惹かれ、とあるマンションの一室に飛び込んでいきました。

—  糸、売ってます。—

つづく。

「今日の布、今日の靴」
おかげさまで無事に終えることができました。
会場となったShingoster LIVINGさん。
これまで重ねて来た年月を感じる時間ばかりでした。
物が溢れる今の時代において、本当に必要な物は何か。
必要な事は何か。

「自分にできる事をやるんじゃなくって、自分がやりたい事をやろうよ!」

オーナー夫妻の信吾さん、ようこさんと話していると、そんな気持ちが伝わってきます。
そして、その言葉は僕たちの背中をしっかりと支えてくれ、そして、隣で一緒に走ってくれているようです。

在廊の時間で出会えたお客様方からも、多くのお気持ちをいただきました。
手織りをする意味を抱きしめながら、これからも織っていきたいと思います。

17日(土)からは吉祥寺で個展です。
25日(日)の会期を終えたら、インドへ行ってきます。
帰ってきて、12月に大阪で個展を行い、今年の作家活動はひと段落。
そうしたらゴーシュのこれからの事も、ひとつひとつお知らせしてまいります。
2年目から3年目へ向かう準備を進めていますよ。
お楽しみにしていてくださいね。

グラフィックデザイン

tsutaeの展示会を来月に控え、DM製作やポストカード製作など、グラフィック関連の作業を進めています。
できないこととやらないことは違うと自分に言い聞かせ、IllustratorやPhotoshopに手をつけていますが、やればやるほどプロの方達の凄さを感じてなりません。
僕はこれまでいわゆる「物作り」と言われる職業に従事してきました。
ご飯を作ったり、キャンディーを作ったり、布を織ったり、、、、形あるものを作ってくるなかで、グラフィックという、プロジェクターと向き合いながら作業する工程に対して物作りという感覚が全くありませんでした。
しかししかし!グラフィックデザイン!
これはすっごい物作りなんですね。
やってみてはじめて感じたこの物作り感。
画面の前ではいわゆる「手で触る」質感はなくとも、完成系をイメージしながら、時にサンプルの紙と向き合い、インクの乗り具合を確かめ、写真の再現度合いを確かめ、、、、。
ポストカードでこの大変さなのだから、ゴーシュのリーフレットを作ってくれたデザイナーさんの仕事量の多さは容易に想像できます。
datoaの斉藤茜さん、改めてありがとうございます!

そして今回のtsutaeのDMも、もちろんプロの方にお願いをしております。
みなさんからどんな反応があるか、楽しみです!

手入れをする

アトリエの草刈りをしました。
2ヶ月何もしないでいたら伸びる伸びる。
草がノビル。
8月を前にズバッと整えたいと思い、お天気の中、刈りまくりました。
流れまくる汗。
メガネに滴る汗。
首に巻いたタオルを重くする汗。
汗、あせ、アセ、ASE!
1時間も作業したら息も絶え絶え、あれ?これってもしや熱中症一歩手前?!
かと錯覚するくらい自分との戦いが深まってきたので無理せず休憩。
ドクドクと波打つ鼓動、心臓。
身体にまとわりつくTシャツ。
氷をたっぷり入れた麦茶が美味しいのなんのって!
ゴーシュに来てくれた方の半分くらいから聞こえてくる声を思い出す。

「お庭の手入れ、大変でしょう」

いえいえなんの、そんなことはありません。
暮らしの場であり、仕事の場であるこの場所を自分で手入れできるなんて、
本当に楽しいことなのです。

「ポジティブなことばかり言う人なんて、なんかちょっとほんとですかー?!」

なんて思うちょいとブラックな僕もいたりするのですが、ここは声を大にして言いたい。
お庭の手入れ、超楽しいです。
炎天下の作業でだって、必要なことなんだからとっても楽しい。

独立するとき考えていたことのひとつにこんなことがあります。
「自分で使う場所は自分で掃除する。それができる範囲で仕事をしたい。」
仕事の規模が大きくなればなるほど、この思いは叶わなくなるかもしれないのだけれど、そうなのであれば、そこまで規模は大きくならなくっていいような気がしています。
たくさんのお金は得られなくっても、ちゃんと奥さんや家族が笑顔で暮らせる環境が作れればそれでいい。
それ以上に望むことなんてないかもしれない。
もちろん、作り手としてもっと世に出て行きたいし、手織りをする楽しさをもっとたくさんの人に伝えていきたい。
でも、忙しくなることでその根っこにある日々の暮らしを共にしてくれる人たちを笑顔にできないようなら、その仕事の仕方はもしかしたら間違っているのかもしれない。
だから、そうならないようにちゃんと、ちゃんとしていきたい。

だから、大きな声でもう一回言っちゃう。

お庭の手入れ、ちょう楽しかったぜー!!!!!
(まだまだ手入れするところ、たくさんあるけど)

佐々木洋品店さんのブログがいい感じ

そろそろブログ書きたいなー、と思い書くネタをあれこれ思い浮かべながらゆっくり半身浴してみたりしていたら、すっかり気合いも緩んでネットサーフィン。
少し前に知ったこちらの作り手さんが書いているブログがとってもいい感じで、ちらちら読ませていただいています。

佐々木洋品店さんのブログ  →   ◯◯◯

僕も古着好きですし、手織りを始めるきっかけは刺繍から糸に興味を持ったから。
なにやら勝手に共通項を感じたりしております。
そして何より、文章のリアリティといいますか、力の抜け方といいますか、そのまんま感といいますか、読んでいてとても心地よく、また、ふむふむ、と学ばせていただくこともありつつ、ついつい入り込んで読んでしまいます。
いわゆるメディアで知られている方々の発信される「これからの時代をよりよく生きるには!」みたいなビジネスなにやらの情報も興味深く拝読しているのですが、やっぱり佐々木さんみたいな文章、スタンス、規模感、好きだなー。
単純に親近感なんでしょうか。
ご夫婦で物作りしていらっしゃるあたりもなんか、いいですよね。
会ったことないのに、もはや出会った感高め。

ブログ力、文章力、伝える力ってすごい。

上海

初めての上海はなんというか、中国の力強さを感じさせられたような、常識という価値観の違いを見せつけられたというか、とても興味深い体験がたくさんありました。
それはそうとして、滞在の目的はジュコさんが参加する展示会への同行。
こちららもまた、とても感じることが多い時間でした。
いわゆるアパレル合同展示会という場に久しぶりに行ったのですが、これまでとは立場が違い、参加する側の一員です。
そして、僕も小さいながらもブランドを運営する身としての意識もありながらの滞在。
いろいろと考えざるを得ない場でした。

半年に一度のペースで繰り返される新作発表。
それぞれが意志をもってそれぞれの表現をし、一斉に同じ場で、バイヤーさんたちに、来場者に、伝える。
ブースを回っていると、ある程度ビジュアルの作り方にフォーマットのような物が見えてきます。
一見するとそれは似たり寄ったりに感じがちですが、それは見方を変えれば、それが一番伝わりやすい手段なのかもしれません。
伝えるということは他者を意識することであり、経済活動の中でそれを行う場合、往々にして自らの出発点を見失うことも起こりえます。
あれをしたい、これをしたい。
でも、そうすると伝わりにくいからこうしよう、ああしよう。
そうしていつの間にか、やりたかったことがどんどん変わっていく。
それはそれでとても必要なことだし、実際に僕も「人と共有したい」欲が年々高まって今があります。
人に伝わる表現が僕のしたい表現です。って胸を張って言いたい。
でも、織りを始めた頃はそんなことまったく考えもせず、それこそ無邪気に織りまくっていました。
用途もなにも考えずに、気の向くままに織っていました。
その時間があったからこそ、今は自然と人の為になる物が織りたくなったのだと思います。
今の日本で生きていくには、経済性は絶対に必要ですし、手織りで生きていきたい、という人にはゴーシュとしてできる限り力になりたい。
でも、経済活動は別として、手織りを暮らしの一部として取り入れていくことだって、充分手織りとともに生きていくことだと思います。
だから、ゴーシュで手織りをする人たちには本当に自分が織りたい物を織って欲しいと思いました。
チェックだって無地だっていいんです。
売れるような物はどんなだろうなって考えて織ったっていいと思う。
すごく難しくって、僕にもわからないけど。
でも、そうして織りたいと思った物を織りたいように織っていって、自然といつの間にか自分の織りたい物、やりたいことが見つかったらいいんだと思う。
だから、ゴーシュでは本当に自由に織って欲しいし、自由に織れるお手伝いがしたい。
ゴーシュをそんな場にしていきたい。
展示会場を回りながら、そんなことを考えていました。

上海、行ってよかったな。

また行きたい。

ジュコさん

さて、今日は何を書こうかな〜、この前は食レポだったしな〜、なんて思いながら書く前に奥さん(ジュコさん)のブログを読んでみました。
なかなかブログ書けないけれど最近アップした、なんて言ってたし、どれどれ、なんて軽い気持ちで。
そうしたら、いや、なんというか、改めて心の底に落ち着く言葉が多くって。
出会って一年で結婚して、一緒に暮らすようになって9ヶ月。
毎日一緒にいるようになり、見えなかった部分もたくさん知るようになりました。
同じ物作りを生業とする僕たち。
でも、仕事の仕方は全然違います。
僕は、最初から最後まで制作は自分一人でしています。
一方ジュコさんは靴作りにおいて、職人さんやスタッフさんたちとのやり取りが欠かせません。
僕にとってのジュコさんは、とってもチャーミングで、裏表がなくって、誰に対しても全力で、愛情の塊みたいな人。
家族になってから、一緒に重ねる日常がそのことを伝えてくれています。

僕たちは、毎朝つくば駅に向かう車の中で、家路に向かう帰りの車の中で、ご飯を食べながら、お茶をしながら、いつもお互いの仕事の話をしています。
そうして、僕の中のジュコさんがどんどん彩りを増していきます。
でも、久しぶりに活字の状態からジュコさんの想いを知って。
あぁ、この人は出会った頃から何も変わっていない。
本当に芯のしっかりとした人。
ジュコさんはジュコさんのままなんだな。
凛とした姿勢で今も変わらず生きている。
そう想いました。
反面、僕はもう、ブログで食レポって、、、もっと書くべきこと、伝えるべきことがあるだろうに、なんてちょっと反省。
いろいろ考えて書いていても、書く方も読む方も疲れちゃうよなーなんて思っていたりするのですが、それでも、真剣な言葉というのはちゃんと相手に届くんですよね。真剣な姿勢は必ず伝わるんですよね。
改めて、教えてもらいました。
ジュコさんのことも書いているから、何度も何度も読み返しながらここまで書きました。(こんな短いのにいつの間にか1時間)
変な文になってないといいな。
ちゃんと伝わるといいな。
アトリエゴーシュのブログなのに、結局いつも僕のことばかり書いていますね。
手織りの楽しさについて、とかほんとは書かなくちゃいけないんだろうけれど。
少しずつ、色々書いていきます。
今日も、読んでくれてありがとうございます。

個展が終わって。

昨日をもって、大阪での個展が終わりました。
展示会が終わる度に色々な想いが溜まっていきます。
初めての関西での個展。
つくばからしたら結構遠いです、関西。
搬入を車でしたので、なおのこと遠さを感じましたが、それでも気持ちが動いたのならそれに従うまでよっ!という勢いと共に、やってきました。
そうして毎回、またやるぞって気持ちになります。
物作りをしていると、ふとした瞬間に物理的な距離を越えられたような、越えているような気持ちになることがあります。
それは、その場に僕がいなくとも、作品を通して、作品を伝えてくれる人を通して、僕が作品のその先にいる方々と出会っているような気持ちになるからです。

ストール一枚一枚織りながら、思うんです。
手織りは一見地道で神経をすり減らしながら行う大変な作業だと思われがちですが、そんなことないんだよーって。
とーってもおもしろくって、自由な世界だぜーって。
それはもちろん、どんな織りをしたいかによって変わってくることもあるのだけれど、僕は手織りをすればするほど、その面白さや奥深さにのめり込んでいます。
そして、これからの世の中にとっての可能性の大きさも感じています。

次の展示会は4月。
ここから春に向かって、アトリエでも少し企画を考えています。
何ができるかな。
何をやろうかな。

ご期待くださいー!

個展開始!

小さな車になんとか作品積み込んで、12:00につくばを出発してから滞在先の奈良に着いたのは21:30でした。
途中も通行止めがあるやらなんやらでドキドキしっぱなしでしたが、無事関西に着けて、搬入も終え、初日、二日目と在廊することができました。

今回の会場ディスプレイは、インテリアスタイリストもされているオーナーさんにご意見いただきながら、なるほどふむふむ、あれは?こうやってみたら?などなど普段とは違う感覚で設営しました。
女性らしい暖かな内装のギャラリーに、女性の感性を盛り込みながら男の手織り作品が並ぶ。
あんまり甘くなりすぎないように、でも、冷たい感じがしないように。
来てくれた人に、楽しい記憶を持って帰ってもらえるように。

二日間の在廊では、とても楽しく、気持ちの良い時間を過ごすことができました。
初めましての方々ばかりとお会いしましたが、みなさん気持ちの良い人たちで、オーナーさんの日々が伝わってくるようでした。

会期は今週日曜日まで。

関西方面のみなさん、この機会にbanQuet87へどうぞお運びくださいませ。

酒寄剛史 展
2018年1月27日(土)〜2月4日(日)
南堀江banQuet87
大阪府大阪市西区南堀江4-9-34 大森ビル201
090-6373-8700
12:00~18:00