ブログを書く時には一緒に画像を載せたいのだけれど、最近PC周辺のあれこれがスムーズでなくって、eyephoneで撮った画像をPCに取り込めません。
しかし、なぜに「アイフォン」の自動変換が「eyephone」になるのか、、、、。
mac使ってるのに、、、、。
青山個展、大阪合同展を終えて、ゴーシュもオープン。
メンバーさんにお会いすると、いつもの日常に戻ったなぁ、という気持ちになります。あれこれするのですが、画像はまだ取り込めず、いやいやそうか、画像がないブログだって悪いわけないよね、と書いている。

11月の終わりに海外へ行く予定を立てています。
インドかウズベキスタンか、どこにするかまだ決まっていませんが、おそらくどちらかになりそうな予感でいます。
糸か、布か、何かしらの素材になるようなものか、それとも体験を通して知った価値観か、いずれにせよ、ゴーシュに集ってくれるみなさんにも還元できる旅にしたい。

関西方面の被害は本当にもう、大変なんてものではないですね。
北海道でも地震が起きましたし、明日、むしろ今この瞬間、どこで何が起きるかわからないようになりました。
それは今も昔も変わらない事実なのだけれど、年を重ねてなおのこと感じます。
だからこそ今しかできないことをしっかり見つめて、今、するんだ、と。
いつもそばにいてくれる人に、溢れるくらい愛を注ぐんだ、と。
つくばは風こそ強かったけれど、雨もひどくならずに済んだと思っていた矢先、お庭のすももの木が折れてしまっていました。
もともと弱っていたので、しっかり整えてあげたいです。
ほかの枝はまだ無事なので、ちゃんと秋を迎え冬を越し、また春には白い綺麗な花を見せてもらえるように。

 

お盆が終わる日にぐっと涼しくなって、それこそ夜は毛布が必要かな?と感じるくらいの気候になって、あっという間に季節は変わっていくんだな〜。
と思っていたらまた冷房をかけたくなるような今日でした。
気候もさることながら、庭木や畑の様子を見ているとまた如実に変化を感じます。
今年はたくさんの実りをくれたナスも終わりになってきたし、スイカも葉が黄色くなってきたので、引っこ抜きました。
その反面、かぼちゃはぐんぐんと茎を伸ばして、目が覚めるような濃い黄色の花を咲かせています。
土と共に暮らしながら、身の回りのものを織り、本を読み、文を書く。
四季の変化に合わせて楽しめることが多い日々はなんとも贅沢。
今夜は何を食べようかな。
明日は何にしよう。
なんて、食欲もどんどん増してきます。
実りの季節に向かって、しっかり心も身体も整えていきたいものです。

手入れをする

アトリエの草刈りをしました。
2ヶ月何もしないでいたら伸びる伸びる。
草がノビル。
8月を前にズバッと整えたいと思い、お天気の中、刈りまくりました。
流れまくる汗。
メガネに滴る汗。
首に巻いたタオルを重くする汗。
汗、あせ、アセ、ASE!
1時間も作業したら息も絶え絶え、あれ?これってもしや熱中症一歩手前?!
かと錯覚するくらい自分との戦いが深まってきたので無理せず休憩。
ドクドクと波打つ鼓動、心臓。
身体にまとわりつくTシャツ。
氷をたっぷり入れた麦茶が美味しいのなんのって!
ゴーシュに来てくれた方の半分くらいから聞こえてくる声を思い出す。

「お庭の手入れ、大変でしょう」

いえいえなんの、そんなことはありません。
暮らしの場であり、仕事の場であるこの場所を自分で手入れできるなんて、
本当に楽しいことなのです。

「ポジティブなことばかり言う人なんて、なんかちょっとほんとですかー?!」

なんて思うちょいとブラックな僕もいたりするのですが、ここは声を大にして言いたい。
お庭の手入れ、超楽しいです。
炎天下の作業でだって、必要なことなんだからとっても楽しい。

独立するとき考えていたことのひとつにこんなことがあります。
「自分で使う場所は自分で掃除する。それができる範囲で仕事をしたい。」
仕事の規模が大きくなればなるほど、この思いは叶わなくなるかもしれないのだけれど、そうなのであれば、そこまで規模は大きくならなくっていいような気がしています。
たくさんのお金は得られなくっても、ちゃんと奥さんや家族が笑顔で暮らせる環境が作れればそれでいい。
それ以上に望むことなんてないかもしれない。
もちろん、作り手としてもっと世に出て行きたいし、手織りをする楽しさをもっとたくさんの人に伝えていきたい。
でも、忙しくなることでその根っこにある日々の暮らしを共にしてくれる人たちを笑顔にできないようなら、その仕事の仕方はもしかしたら間違っているのかもしれない。
だから、そうならないようにちゃんと、ちゃんとしていきたい。

だから、大きな声でもう一回言っちゃう。

お庭の手入れ、ちょう楽しかったぜー!!!!!
(まだまだ手入れするところ、たくさんあるけど)

毎日少しずつ庭の手入れをしようと心がけているのですが、とうとう追いつかなくなってきました。
梅雨明けした?あとの真夏日続き、そしてここ数日の雨により、お庭の野草たちも畑の野菜たちも、元気いっぱいです。
やってみなければわからないことがたくさんあるし、むしろその方が多いのだから、心に触れたことはどんどん試していきたいものですし、言葉に、形にしていきたい。
ということで、最近気になったニュースは水道民営化。
世の中のことも、アトリエのことも、私生活も、ぜーんぶ含めて「暮らしのこと」なのだから、意識的に情報に触れていくようにしなきゃな、と改めて思いました。
もっともっとメンバーさんには織りの面白さを伝えたいし、体験の方には織りの可能性を伝えたい。tsutaeの製作も進めたいし、畑も整えていきたい。。。
半径10メートルのことばかり考えていたら、世の中の流れに疎くなってしまっていました。
少し調べただけでも好意的に書いているメディアは出てこないのに、それでも進められるであろう民営化。
織りと共に暮らしていくためにも、気にし続けていかなくっちゃ。

 

 

最近、ゴーシュのメンバーさんも少しずつ増えてきました。
まだまだ手織りが暮らしの中にない人が大多数の世の中ですが、こうして続けていきながらひとつひとつちゃんと伝えていきたいと思っています。
と言いながら、ブログ更新もあらあらほぼ二ヶ月ぶり。。。。
ゴーシュのお庭で結婚パーティーの準備をしたり、tsutaeの製作をしたり、あれこれしているうちに時間は過ぎて、過ぎて、過ぎて、、、、、
ゴーシュのインスタで営業日ごとにアップはしているので、日々のことはそちらでご覧頂きつつ、ブログではやはりここでしか書けないこと(そんなことあるのか?)、長々となりそうなことをちらほら書いていけたらいいな、なんて思っています。それと、写真のアップもしていきたい。
パシャパシャと心が動いた瞬間をとどめていけたらなんて素敵なことでしょう。
こうしてPCの前に座ってキーボードを叩き始めると、あっという間に時間が過ぎて製作に充てる時間がなくなる一方で、、、、なんて思わないと言ったら嘘なのですが、文章を書くこともやっぱり好きだな〜と感じています。
結局「時間の使い方」ですよね。(今年の目標)
上半期が終わろうってのにまだまだうまくできていません。
やはりとりとめのない文になってしまう。
ブログも続けていくうちに方向性が定まればいいかな、なんてのんびり思っています。

最近のお庭のことを少し。

梅がすごくなってくれたので、お裾分けしたりシロップ付けたり梅酒にしたり。
梅仕事は季節を直に感じられるから好きです。

ナツグミもたわわに実りました。
あっという間に鳥さんたちのご飯になりました。

野蒜(ノビル)のおいしさにはまっています。
ニラの香りが優しいバージョンと言えばいいのかな。
しょうゆ漬けやお浸し、ニラの代わりに餃子に入れたってもちろん美味。
生でもいけるくらいの存在感です。

スイカくんも少しずつ大きくなっています。
毎朝畑を見るのが楽しいのなんのって。

調子にのってお庭を耕しまくって?います。

日当たりのいい場所に野菜たちのベットをこしらえました。
仕事の息抜きにお庭に出て野良仕事。
外に出ているようで、全部ゴーシュの敷地内。
うーん、ジュコさんがいなかったらお出かけしなくなっていたかもしれません。
パートナーの存在はできることを増やしてくれるんだなー。
改めて感謝!

耕す

上海から帰って、大阪での展示会を終えて、ようやく日常が戻ってきました。
(大阪展の様子はtsutateのインスタグラムに載せています。)
そうして数少ない趣味のひとつ、庭いじりと畑も再開です。
今日は夏野菜の植え付けの準備をしたのですが、畑を耕してみました。
当初は自然農にして、ゴーシュのお庭で何が育つのか、ゴーシュという場所で生まれる循環を見ていきたいと思っていたのですが、なんだか無性に畑を耕したくなってしまったのです。
そして、ある農家さんのひと言にとても納得したのです。

「土地から(収穫で)持ち出したらその分入れてあげなきゃね」

畑を耕して流す汗はとても気持ちいいし、クワを振ってゆっくり張ってくる肩も悪くない。
労働の喜びでしょうか。
それとも、耕す、という行為の無意識に働きかける充実感でしょうか。
いやー、気持ちよかったです。
そして、今年はスイカを育てたい!
シャクシャクしながら食べたい!
変わり種も見つけたので、5種類くらい植えてみます。

中身じゃなくて皮が黄色いのって初めてみました。

実家の母から肥料の差し入れ。

左 耕したところ、中 そのまんま自然農(そらまめが育っています。)右 お庭

お休みの日は環境整備をしています。
この前は庭木の剪定をしました。
ゴーシュのお庭には大きな山桃をはじめたくさんの木があるのですが、住宅地にある立地でもこの木たちのおかげで特別な空気を感じることができます。
アトリエとお庭を囲む垣根があって、木々も大小合わせて20本以上。
気持ちがいい場所だな。
こんな場所でアトリエができたらいいな。
お庭に生きる木たちとともに、アトリエも育てていきたいな。
あの時ふんわりと感じた想いのままに、何時ぶりか分からない木登りをすることになりました。

地上約4mくらいかな?
登りだしたら楽しくなってしまってジュコさんを心配させてしまいましたが、無事怪我もなく剪定完了!
一度お庭を見てくれた庭師さんも
「住んでる人が一番庭を見てるんだから、やる気があるなら住んでる人が剪定でもなんでもやるのが一番いいと思うんだよ」
と言っていましたが、やってみるとなるほどお庭の見方も変わりますし、剪定するってこともかなりデザインの要素があるなーと感じたり、そこにまた生き物だから時期のこともあったり、切り口のことも気にしたりって、色々と奥深くって、ほんとなんでも一緒なんだよなー、って当たり前をまた改めて感じることができました。

before

after

伸びまくった枝を落として、密集し始めた内側の小枝を落として風通しを良くして。
受け売りの知識ばかりですが、なんとか形にはなったのかな、なんて思っています。
(スケスケすぎますかね?)

枝もたっくさん

枇杷の木も剪定しました

枇杷の葉は焼酎につけて虫除けにしたり、温湿布にしたり、乾燥させてお茶にしたりと色々活用できそうです。

身の回りにあるもので暮らしが整えられたらもう、なんて贅沢なのかしらっ!
そろそろ畑の準備もしたいところです。
ゴーシュに来てくれる方々には、織る楽しさはもちろん、暮らしにまつわる色々をつくる楽しさも感じてもらいたいな。
ってことで、色々と手を動かして暮らしています。

ゴーシュの日々やメンバーさん、体験さんの作品は主にインスタグラムにアップしていますので、そちらも見てみてください。

ゴーシュのインスタグラム →  ◯◯◯

僕(酒寄剛史)はこんなものを織っています。 →  ◯◯◯

ルーティーン

ある程度、自分のルーティーンを作る必要性を感じるここ最近です。
というのも、日々暮らしているなかで「やりたいこと」と「やらなくちゃいけないこと」があるわけですが、どうしたって「やりたいこと」を先にやってしまうわけです。
でも、その「やりたいこと」をやるためには「やらなきゃいけないこと」を先にやったほうが、結果、「やりたいこと」がよりやりやすくなったりするわけです。

「やりたいこと」
・作品制作
・読書
・ランニング
・庭作り
・糸棚作り
・穴の空いたデニムリペア
・毎晩のストレッチ
・語学
・カメラ
・つくばの名所巡り
・野菜作り
・お庭の木にブランコぶら下げる
・ブログ更新
などなど順不同

「やらなきゃいけないこと」
・事務部屋の整理整頓
・年賀状整理
・毎月の帳簿整理
・パソコンのデータ管理
・tsutaeのHPリニューアル
などなどこれまた順不同

さっとこれだけ思いつくわけですが、「やらなきゃいけないこと」が「やりたいこと」にならない理由ってなんでしょう。
いつも後回しにしちゃうから「やらなきゃいけないこと」に分類されたわけですが、んむむむ、なぜだ。
まだ理由はわかりませんが、上記の理由により、「やらなきゃいけないこと」もこうして書き出している時点で「やりたいこと」なのかもしれないぞ?ということで、色々整理整頓のルーティーンを決めようと思います。

18:00になったら事務部屋行って、最低30分はそこでしかできない仕事をする!
今、決めた!

そこでやることといったら主にデスクワーク。
事務仕事、しっかりやろうと思います。
それでちゃんと足元を確認しながら、ゴーシュやtsutaeの可能性を広げていきたい。

アトリエのお庭にふきのとうがたくさん芽吹いていました。
春はもう来ているんですね。
今夜は天ぷらにしよーっと!

なんやかんや

個展が終わって今度は4月の個展に向けてあれこれ考えていたり、出張の予定やら何やらなんやかんややっていたら、ブログ更新が一週間も空いてしまいました、、、。むむう。
そんな久しぶりの投稿はなんやかんや、、、、いやいや、先日の大阪個展の際に教えてもらっていったご飯屋さん、「なんやかんや」がとーっても美味しかったので、ご紹介!


この地元感溢れる外観がたまらなく美味しそう。
なんやかんや行ったら、とりあえずあんかけチャーハンと餃子食べて!とのオススメに従い、食べました。


蟹あんかけチャーハン。


餃子。

どちらもめちゃめちゃうまい、、、。

全く気取らない店内(カウンターだけ)にご家族と思われるスタッフさんが全く私語無く(むしろ言葉無く)テキパキと阿吽の呼吸で次々と美味しそうなご飯を作りまくっています。
一品料理を食べてさらりと帰る一人客もいれば、飲みながらつまみをちょいちょい食べてる中年カップルがいたり、店内の雰囲気はもう最高。
お水が減ったらさささと注ぎに来てくれますし、何より料理の作りっぷりが本当に最高。
作っている姿を見ながらお酒飲めます。
チャーハンと餃子でいい具合にお腹も満たされたのですが、あまりにも美味しそうに作っているから、「ここの麻婆豆腐はどうやって作っているんだろう、、、」と作り方が見たくなってしまい、追加注文してしまいました。
(すでに腹7分目)

お腹は確かにはち切れんばかりになってきましたが、それ以上に気持ちの満足度120点で、美味しく平らげた追加のマーボー。
そんな雰囲気でもないのに気持ちよくなってしまった僕は(呑んではいない)帰り際に「美味しかったです!」と一言。
そしたら、大竹まこと似の旦那さんがニコリと笑顔で「おおきにっ!」。
メニュー全制覇したくなるお店でございました。