フェルムドノエル、最高の二日間でした!
お天気はいいし、お客さんは笑顔、会場を練り歩くパフォーマーさんがよりイベントの雰囲気を盛り上げてくれていましたし、会場自体も、ここは茨城?なくらいしっかりヨーロッパの雰囲気が表現されていて、なんかもう、色々な場所にすごく楽しい空気が満ちていました。
それと同時に、主催の家貨屋さん、ここまで整えて準備するのってもうすごく大変だっただろうなって思わずにはいられませんでした。
改めて、ありがとうございました。

それではそれでは、少しだけレポ!してみますよっ。
今回のatelierゴーシュ出展は、糸をメインのディスプレイにしました。

織機と一緒の出展も慣れてきました。
糸や織りのことに興味を持ってもらえるのはとても嬉しいです。


初日、設営が終わったらオープン前に会場を物色。
出展者の特権ということでお許しください。


家貨屋さんブースも物色。
ディスプレイがクリスマス仕様になっていて、ため息吐息でした。


大きな什器類もたくさん出品されていました。
なんじゃこりゃー!ってフンフン鼻を鳴らさずにはいられませんっ。


久しぶりに衝動買いしたイス。
見て、値段を聞いて、5秒で「ください!」


最後まで僕を悩ませてくれたこちらの大きな丸板?は無事、atelierゴーシュの仲間入り。こんなにも気持ちを掴まれて離されないものと出会えるなんて幸せです!


ゴーシュがいたのは森エリア2
クラフトの仲間たちがたくさんです。


会場エントランスからしてたまらん面構えでした。
これはみんなもさぞテンションが上がったことでしょうっ。


噴水前では色んなんところで見かけるあのお兄さんがパフォーマンス。
独特の空気感を漂わせながらの間の取り方が絶妙でした。


世田谷から仲間も出展に来てくれました。
蚤の市なこの感じ、彼らならではのセレクトが気持ちよかったなー。


そんな彼らは1日目終わってatelierゴーシュにステイ。
呑み、語らいながらのジェンガが盛り上がったのなんのって!
仲間と過ごす時間はなんとも心地いいものでした。

イベント出展の総括をしてみますと、ゴーシュの存在はまだまだ知られていなくって、でも、こうして外に出て行ってみると、手織りに興味がある人たちは確かにいるんだなって感じました。
営業日のこと、駐車場のこと、作家活動のこと、今、織りに来てくれているメンバーさんのこと、これから会えるであろう手織りの面白さをまだ知らないあなたのこと、いろーんなことを考えながら、もっともっと、ゴーシュは楽しくなれるって思いました。
2017年、イベント納め。
来年へ向けて、とってもよい締めができました。
ゴーシュの営業は27日(水)まで。
こちらもしっかり、締めくくりたいです。

 

今週末、16日(土)17日(日)は大きな大きなイベントに参加します。
それはもう大きな大きなイベントで、敷地面積は東京ドーム6個分だそうです。
イベント主催の家貨屋さんは古道具屋さんですが、こういったイベントの企画もされています。今年は駒沢公園でもイベントしていましたね。
家貨屋さんのイベントの何がいいって、アンティークや古道具の方々のラインナップがすこぶる素敵なのです。行くたびいつも鼻息荒くなって、お財布とにらめっこしています。しかも今回は大物も色々出品されるようお声がけしているそうです。
駐車場も2000台完備だそうで、都内の方々も小旅行がてらレンタカーで掘り出し物を探しにいらしてほしいです。
つくばに戻って、色々とイベントにも出歩いていますが、都内との物価の違い(ていうのかな?)にびっくりすることも多く、わざわざ来てもらってもきっと楽しんでもらえるんじゃないかなーって期待しています。

そういうatelierゴーシュは、いつも通り織り機と共に参加するのですが、今回は糸もたくさん持っていきます!
手織りの面白さを伝えるのはもちろんですが、ゴーシュで扱う糸の良さも知らせたい!ということで、このウールやカシミヤなど、色々担いで参りますよ。

イベントの詳しい内容は 家貨屋さんのブログでご覧になってくださいね。
いつも丁寧なご紹介があって、出展者としはもちろん嬉しいですし、お客として行く気持ちになってもとてもワクワクするのです。

家貨屋さんのブログはこちらから  →   ◯◯◯

ちなみにatelierゴーシュは森エリア② の 68 にいます。

それではそれでは、こもれび森のイバライド(旧ポティロンの森)で会いましょう〜!

 

昨日とはガラリと変わって外は手が悴むような1日でした。
それでも窓を閉めておくと、陽当たりのいいゴーシュはポカポカしてくれます。
今日も日中はエアコン要らずでした。
築36年のお家ですが、建てた方の暮らしに対する気持ちが伝わってきます。
どんな気持ちで設計したのかな。
庭木はなんでこの配置なのかな。
まだまだゴーシュは1歳にもなっていません。
知りたいことがたくさんあります。

今日はメンバーさんが、先日織り上げた作品をバックに仕立てて来てくれました。
模様が浮き出るオーバーショット織りですが、絵画を持ち歩いているようなデザインです。

縫製だってとても綺麗。
本人は、ここが気になるのよ〜、と言いますが、そこは職人気質の表れですよね。
はたから見たらまったく気になりませんが、作り手だからこその「気になる」ところ。僕も作り手ですから、その気持ち、分かる分かる〜!と頷きながら、でも充分綺麗でカッコイイですって、、、、と心の中でつぶやきました。(言わんのかい!)

織地と周りの布との色合わせもバッチリ。
何でもかんでも褒めるつもりはまったくないのですが、やっぱり「作りたい!」って気持ちで作られたものって気持ちがいい。
こう作りたい!こう織りたい!こうしたいー!って気持ちは作為とはまた別のところにあって、ちゃんと作り手の意志のこもったモノはいいモノなんだなーと思わされます。

以前、この方が体験で来られた時に織った作品も、次来た時にはバックになっていました。

作ることってほんと楽しいですよな〜。
僕もね、いつまでたっても相変わらず織りたくって仕方のない毎日です。
だからちゃんと、苦手すぎる経理とか、スケジュール管理とか、デスクワークとか、しっかりやらないと、、、、って思って、結局夏休みの最終週みたいになる毎月です。(ダメやんけ!)

今週末のイベント告知はまた明日。
あ、什器作らなくっちゃ、、、、!

 

先日の土日で自由が丘のお店、カタカナさんで行われるマルシェに参加してきました。以前から楽しいお店さんだな〜と思っていたお店だけにお声がけいただいた時は嬉しい反面、「でも、マルシェでストールってどうなんだろ、、、」と言う気持ちもありつつでしたが、これもご縁だえいやっと大きなバックを担いで行商してきました。

毎週末は何かしら軒先でマルシェを開催しているそうで、両日ともに終日賑わいの時間でした。(画像はあまり人が写っていませんが、、、、)
自由が丘の休日はどんな人が歩いているのかな〜
カタカナさんにはどんな人がやってくるのかな〜
けん玉久しぶりにやると楽しいな〜(カタカナさんには楽しい物がいっぱいあるのです)
お店の周りをてくてく歩きながら、いつもと違う環境にワクワクしつつ、今度の週末の出展はどんな風にしようかなーと考えたりしてました。
普段と違う環境に身を置くのはやっぱりとても面白いです。
暮らしの場と仕事の場が一緒である安心感から少し抜けだして、外の世界に飛び出す感じ。
それはNYも自由が丘も、初めての場所は同じです。
あ、自由が丘は以前職場でもあったのですが、出展しに行くとなると、見える景色も感じる空気も違いました。
やっぱりやっぱり、外へ出て行くって面白い。
だからこそ、足元である日々をしっかり踏みしめたいなーと書いてて思いました。

そうそう、什器です。
イベント出展ではどんな什器を使うかいつも頭を悩ませます。
車に積めるコンパクトサイズで、なおかつ組み立てもしやすい方がいいし、でも、みんな使っているようなやつだと嫌だしなーなんて、思いながら、でも使い方次第だからいいよねーって、ひとまずこれを作ってみることにしました。

イベントで使っている人、よく見るこれです。
持ち運びも楽チンだし、やっぱりいいんですよね〜。

ということで、ジョイフルさんで買い出し。
これまた慣れない設計図を書いてやってみます。

初めてのなみ釘(板同士をつなぐもの)がうまく打てない!
3本続けて失敗したので今日は作るの止めました。。。。
イベントまでに間に合うのか!
頑張れツヨシ!

ハロー12月!
展示会ラッシュも落ち着き、今度は展示会を見てきました。
やはり実物を目の前にして見る、というのは全然違いますね。
対峙する、という感覚になります。
都内滞在3時間の弾丸巡りでしたが、とても充実した時間でした。


確かな技術とそれに振り回されない感性の両立
アートではなくクラフトとはこういうことかー、なんてふむふむと納得
なんだか答え合わせをしている気持ちになりました。

 


一番のお気に入りはこの作品(撮影可です)
ボロボロになったニットをリペアしています。
過程から仕上がりまで、美しい仕事。

 


お隣ではこちら。
来年までやってますのでぜひ!
入館料がかかりますが、面白いかったです。


クマ。


川を転がって自然に丸くなった石たち。


マスクはいつだってドキドキします。

綺麗な会場。
野生とは?
解釈の仕方もまた興味深いものでした。


会場は東京ミッドタウンにある21_21DESIGN SIGHT
綺麗な建築。


そして安藤忠雄展へ。
平日にも関わらず、すごい来場者の数。
展示からは、とても誠実に仕事をしてきた方だという印象を受けました。
そしてトークショーからは、ユーモアとサービス精神のある面白いおっちゃんという印象を受けました。

展示の中では特に、設計図の美しさに目を奪われました。
綺麗なもの、人の心を動かすもの、世に伝わるものが生まれる過程には、膨大な時間とそこに費やした技術や意志が必ず存在するんですよね。
薦められて行った展示でしたが、見れてよかったです。

 

 


アトリエ近く、つくば草の根はりきゅう院さんの前で定期的に行われている青森から来るりんご農家さんの直売にも行ってきました。
以前少しこちらでもご紹介した農家さんですが、こんなにたくさん種類があったとは!りんごそれぞれの特徴を聞きながらお買い物がとても楽しい!


そしてそして、ShingosuterLIVINGさんでtsutaeのストールを期間限定12/13(水)まで置いていただいています。
ストールたちも展示会でなく、普段の一員として場に馴染んでくれていてとても嬉しい。

昨日とうって変わって今日はとても寒い1日でした。
みなさんもお身体ご自愛くださいね。
健康でよい12月になりますように。

おかげさまで吉祥寺での無事個展も無事終わりました。
つくばから駆けつけてくださった方も多く、本当に嬉しい気持ちをたくさんいただいた展示会でした。
改めて、ありがとうございました。

そしてそして、昨年から引き続き同じ会場をお借りしたのですが、こちらでも少しレポしてみますね。

会場へ向かう道はとても細い路地で、搬入の時はすれ違うのが難しいくらい。
しかも通りからは電柱に隠れてより見えずらい!のですが、それがまたおもしろくていいな〜なんて気持ちもあったり強がりだったり。

裏手に回ると入り口があります。
いい雰囲気ですね〜。
今シーズンから作品のイメージカットを撮影したので、そちらをまず見ていただくよう配置しました。
アトリエで使用しているラグやスリッパも持ち込んで、会場をできるだけいつもの製作環境に近づけています。

 

会場は急な階段を登った2Fにあります。
とても古い物件で、実は大家さんから「10人以上は上がらないようにしてね〜。床が危ないから」なんて言われていました。

 

そんな会場ですが、中の雰囲気はtsutaeの作品とも相性ばっちり。
今回は大判ストールメインだったのですが、みなさんに楽しんでいただけました。

商店街を見下ろしながら、気持ちいい窓辺もあります。

 

自然光もたっぷり入って、作品たちも気持ち良さそうでした。

日によって展示方法を変えながら、作品がどうしたらより輝いてくれるのか、喜んでくれるのか、見る人に心地よさが伝わるのか、、、。
感じ方の違いを実感するたびにディスプレイの面白さに入り込んでしまいました。
場所を変えれば、人との新たな出会い、作品の新たな表情との出会いがあります。
ゴーシュのメンバーさんでもイベントに出展されている方がいらっしゃいます。
(詳しくはインスタグラムをご覧ください。)
作品の展示方法など、織ること、作ること以外も会話に上がるのですが、これからもそれぞれの考えをシェアしていけたら、と思いました。

12月は週末にイベント出展がちらほらありますが、ゴーシュの営業日は変わりません。
アトリエでは織ることの楽しみを、そして、そこから広がる楽しみも少しずつ、お伝えしていきますね。
これからどんどん寒くなります。
さー、これからもたくさん織るぞ〜!
ややや、織りましょう〜!

 

 

 

 

 

 

 

原毛

最近「陸王」が面白くってしょうがありません。
今回の役所さんの演技ったらないですね。
いやー、たまらんです。
夫婦揃ってウルウルしながら見てました。
ドラマなんてずーっと見ていなかったのに、ここ数ヶ月は何かしら見ています。
オススメ情報、待ってます!

そしてそして、ゴーシュの織りのこと。
糸もあれば原毛もあります。
羊さんのそのままの毛です。
普段は織りのポイントにちょこっと入れたりするのですが、今回は原毛だけで織ってみました。

 

もさもさもさもさ

指でぐいぐいやったりして

 

ランダムにやるといい感じです

 

たまにちゃんとトントンやってみるのもいいですね

さて、何をつくりましょうか

 

そうだそうだ、あれにしよう

寒い時にちょいっと使えるあれにしよう

 

織り機から外して、タテ糸同士をちょうちょ結び

 

ボリュームたっぷりこんな感じ

 



洗いをかけたらくるくるっとより可愛くなりました

 

はい、ネックウォーマーの出来上がりです。
針も糸も使わない簡単仕上げでもこんなにかわいいのができちゃいます
(かわいいですよね?)

後ろはこんな感じ

他にも原毛色々あるので、ゴーシュに来たら原毛箱を覗いてみてくださいね。

来週はtsutaeの個展があるため21日(火)、22日(水)はお休みをいただきます。
12月はまだまだ体験織り、空席ありますのでご予約もお待ちしていますね。

それではそれでは、吉祥寺でお会いしましょう〜!

カシミヤ糸

ゴーシュにカシミヤの糸が入ってきました。
正確には、仕入れていたものを出しました、ですが、
早速織ってくれた方もおりまして、そのふわふわな肌触りを楽しんでいただいてます。
残糸のカシミヤはなかなかこれ!というものがなくって、大阪の工場でたっくさんの糸の中から選んできた子たちです。
うーん、子たちと呼んでしまうくらいかわいい糸。

一日体験でももちろん織る事ができますので、お試しくださいね。
ちゃんと織れないのにカシミヤなんてもったいない、なんてそんな事ありません。
自分で使いたい糸を選んで、自分で色を決めて織れば、誰にだっていいモノが織れるんですから。

11月、12月、今のところお席に余裕もありますので、お友達と、職場の仲間と、大切な人と、のんびりゆったり、今年のマフラーを織ってみてくださいね。
2名さま以上でしたら営業日以外でも体験ご希望受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

つくばスローマーケット、ありがとうございました。

台風の影響で1日だけの開催となったスローマーケットでしたが、
だからこそ今日来ました!という方や、並木3丁目?!どこ?
うちも3丁目だよ?!なんて出会いがあったり、体験に来てくださった方と再会できたり、展示会でのご縁が繋がったりで、とても楽しく、気持ちのいい出店になりました。改めて、ご来場のみなさま、関係者のみなさま、ありがとうございました。
ここから年末に向けて、しっかり手織りの面白さと織ったマフラーの暖かさ、アトリエのこともお伝えしていきますよ!
11月は展示会の関係で少し営業日が不規則になりますが、手織り体験のご予約、空席ありますのでお問い合わせ下さいね。

お休み、展示会のお知らせはこちらから →  ◎◎◎

お付き合いのほど、よろしくお願いいたします^^

 

パーソナリティーは大学生のあきべーさん
そのフレッシュさが眩しかったす!

スローマーケット搬入。
ワークショップしました。

小雨降る中、準備準備。
僕は1Fだったのですが、2Fは野外で雨が大変そうでした。

本部の方々にはほんとに頭が下がります。
ありがとうございました。

毎年楽しみなあけびカゴの遊蔓さん。

あとりえゴーシュはこんな感じでした。

台風去って、今日はこんなことしてました。

ストールたちも気持ち良さそう。

つくばスローマーケット、出店します。

今週末はつくばスローマケットに参加します。
台風接近中ですが、開催できる天候を信じつつ!

atelierゴーシュは、手織り体験と共にtsutae(僕)の作品の販売を行いますよ。
出店場所は「たんぽぽの庭」(MOGストリートの1F)13番です。

詳しくはこちらからどうぞ →  ◎◎◎

また、明日20日(金)17:00~※17:30~でした ラジオつくばに出演します!
出店内容や意気込み?など、普段こもってて聞こえずらいと評判の声をキー高めにして喋ってきます。
お住まいがつくばでない方もインターネットラジオで聞けますので、チェックしてみてくださいね。

ラジオつくばのネットラジオはこちらから →  ◎◎◎

現在 20:00、つくば市並木のお庭では鈴虫が鳴いています。
つまり、雨は降っていません!
お天気には勝てないのは分かっているのですが、むしろ戦わず仲良くなる方向でこのままのんびり雨降らずにいてほしい!

でも、もしも当日、泣く泣く中止の決定が出た場合も上記スローマーケットのブログにてみなさんにお知らせとなります。
21日(土)は大雨、強風でない限りは開催予定とのことですが、ブログのチェックもお願いいたします。

それではそれでは、会場でお会いしましょ〜!