ミシン

ミシンを踏んでいると思い出す情景があります。

家族5人で並んで眠っていたあの頃。
不意に目を覚ました夜更けに眠気まなこでうすぼんやりと
ふすまから差し込む蛍光灯の光

ダカダカダカダカダカ、ダカダカダカダカダカ、、、、

不規則に、ゆっくり、しっかり、何かが動く機械の音
そのリズムがなんだか心地よくて
またすーっと眠りに落ちていく

穏やかで暖かい、幼少期の記憶。

母が縫ってくれていたものはなんだったかな
上履き袋かな
なんでも入る魔法の手提げかな
一人一枚と言われた雑巾だったかな

僕は最近、お仕事でミシンを踏んでいます

とは言っても、工場さんに頼むような数のある仕事ではなく
かといって専門の特別な技術が必要な縫い物でもありません

手で縫うには強度が足りず、ちょっとだけ数があるような
僕みたいな縫い物好きにはちょうどよい規模感のお仕事です

布を織ること、手織りの心地よさをお伝えしていたら
ミシンをする時間も増えました

物作りは可能性を生み出すことだと思っています

思い出の音だったミシンの音が
誰かの未来の可能性になれますように

緊急事態宣言

解除されましたね。
しかしながら、それによってゴーシュが変わることといったら実はなんにも無くってですね、これまでもこれからも、ゴーシュに行きたい、ゴーシュで織りたい、と思ってくださる方が安心して織ることのできる環境を整えていくこと。これに尽きると思っています。
ゴーシュがどんな場所で、どんな環境にあって、どんなことができて、それを伝える僕はどんな人間で、、、、ゴーシュに来る前にできる限り色々なことが「分かっている」状態を目指していきます。もちろん衛生面もしっかり整えていかないと、ですよね。こればかりは自分の感覚を疑いながら、「これで安全!」と胸を張って言えるような状態をキープしていかねばならんと思っています。
それでも、やっぱりどうしても、みんな来てくださいね!と両手広げていらっしゃいはできないと言いますか、しちゃいけないような気がしています。
来て欲しいのだけれど、来てとは言えない。
思春期の恋心みたいですが、本当にそうなのです。
なので、「ゴーシュに行きたい」と思ってくださった方が来てくれた時、「やっぱり来てよかった」と感じてもらえるような、ゴーシュをそんな場所にしていこうと思います。

持続化給付金

申請しました。
そこでいったいどれくらいの規模感なのか改めて調べて見ると、5月15日時点で90万件(NHK調べ)の受付があったそうです。
当初最大130万件の受付予定とのことですが、あっという間に到達しそうです。
給付までは約2週間、、、できることはなんでもする!と書類まとめて税務署に証明書お願いして、どうにか今日の申請だったのですが、間に合ったのでしょうか。。。

待つより進め!と手を動かしているわけですが、人の動きが制限されてこの方、ゴーシュへのご来場者もぱったり少なくなりました。
そんな時こそ環境整備!というのも限界がありますし、ここは手を動かす以上に頭を働かせねばいかんところだ!とも思いつつ。
しかしながら、世はみなさん一斉にオンラインオンライン。
ゴーシュもオンラインストアを始めましたが、そちらでしっかり頑張り始めることはどうも違うような気がしております。
ゴーシュはやっぱり手織りのアトリエであって、ゴーシュという環境と共に手織りの楽しさ、面白さ、表現度の高さ、可能性の深さ、そして何より身近さをお伝えしたいと思っています。
オンラインでもできることを進めつつ、それでも一番大切にしたいことは、ゴーシュに来たいと思ってくださる方が安心して来ることのできる空間を守ること、
ゴーシュに行きやすい空気感、環境を作っていくことだと考えています。
最近特に、織りを通して糸と触れ合っていると、自然と気持ちが落ち着いて元気になってくる感覚を覚えます。
こんな時だからこそ、これからの時代にも、手織りは必要なものだと実感します。
不急じゃないけど不要でもないよね!って思います。
織りと共に、糸と共に、手仕事と共に、これからの世を形づくっていきたい。

織ること

久しぶりに織っています。
整経して、筬通しして、綜絖通しして、巻き取りして、織り機の前に座って、織っています。
ひとつひとつの工程を自分のペースで進めていって、「この色の次はこの色い入れたい!」と閃いたら、その発想のままに色を重ねていく積み重ねがなんとも気持ちが良いいのです。
最近曇りや雨続きで、気持ちも晴れやかになりずらかったのですが、色を織り重ねる世界はなんとも鮮やかで心地よくって。
身体の細胞の隅々に血が巡っていく感覚と言うのでしょうか。
不思議なのですが、織っているとどんどん元気になっていくような気がします。
それくらい久しぶりに織ったからでしょうか。
手織りキット制作や動画撮影で織ること自体はしていたのですが、これらは明確に「伝えたい相手=みなさん」に向けての織りだったりするのですが、(もちろんその瞬間瞬間は楽しく織っていますよ)、今日の織りはなんともなしに決まりもなく、感覚的な色合わせで織っていく感じ。
それがとても心地よく気持ち良かったのです。
自由な感覚で織る。
このことを僕はいつの間にか忘れかけていたのかもしれません。
気がつけてよかった。
もっともっと自由な気持ちでものづくりができるはずだなーと思うと、それだけでまた元気が湧いてきました。

自家製納豆

奈良の作家ご夫婦がつくったよ〜!とアップしていた自家製納豆。
聞くと枇杷の葉に茹でた大豆を包んで40度キープ2日間でできるそうな。
ゴーシュのお庭には枇杷の木。
昨年収穫した大豆もあります。
これは試してみるしかありません。
せっかくだから、茹でたものと、蒸したものと2種類で実験です。
さっそく挑戦してみると、1日置いただけでもネバネバが出てきています!
すごい自然の菌のチカラ。。。。。
調べてみると納豆菌は熱に強いらしく、納豆菌以外の菌を無くするために枇杷の葉を少し茹でたんですね。
煮沸消毒みたいな感じですよね。
これ、納豆菌、ほんとにいなくならないの?
なんて思っていたのですが杞憂でした。
ちゃんとネバネバ糸ひいてます。
稲わらの方が納豆菌が多いそうですが、枇杷の葉でも十分かもしれません。
2日経ってどうなっているか、ドキドキワクワクです。

持続化給付金

ご多分にもれず、ゴーシュもこちらを申請することになっています。
といっても、悲観的な気持ちとか、切羽詰まった気持ちというよりは、世の中の仕組みを全身で感じる(感じざるを得ない)いい機会と考えています。
(これまでもそんな出来事はたくさんあったわけなので、何を今頃あれれこれれとなることもないのです。)
なかなかに苦手なデスクワークをしていると、もうですね、「めっちゃ織りたい!ものづくりしたい!」って体の真ん中がうずいてきてしょうがありません。
パソコンからふと目をそらせばそこにはゴーシュの棚にたくさんの糸、糸、糸。
あれとこれを合わせてこんなイメージの布を織りたいな。
またベストも仕立てたいな。
コースターのサンプルももっと織りたいし、メンバーさんへの動画も撮りたいし。
そうだそうだ、ヤマモモの木で試し染めもしたいのだった。
剪定の枝が山ほどあるので、色遊びは止まるところをしりません。
こうしていると、僕はやっぱり「作る人」なんだな、と思います。
手と体と、全身使って形作って、できたー!って笑いたい。
そのためにも、今はパソコン仕事、しっかりやらなきゃだ、、、!

鍋つかみ

鍋つかみを作りました。
ガラ紡のふっくらコットンで織った布。
4枚重ねにして、サイズは13cm×15cm。
何てことのない四角の厚い布。
僕の手にはこのサイズがぴったりなのです。
1枚目はミシンでダダダダダ。
うーん、パワフル!この勢いで2枚目だ。
ダダダダ、ダダダ、いい調子。
さてさて、最後の3枚目。
ふと縫い目を見て思いました。
ミシンの線がビシッと出てる。
なんだかちょっと、硬い感じ。
丈夫だけれど、強そうです。
お台所は大切な場所。
優しい気持ちで、大切な人たちに食べてもらうご飯を作るのだ。
そんな場所で使う物。
使う時に、ちょっと優しくなれたらいいな。
そうだ、手縫いで仕上げてみよう。
ゆっくり焦らず、急がずに。
ほうらやさしい鍋つかみ。
見てても気持ちが優しくなるね。
使い心地も、もちろん柔らかふっかふか。
熱いお鍋もへっちゃらさ。
いつかちくちく鍋つかみ。
みんなで作ろう鍋つかみ。
布から織った、鍋つかみ。
今夜もご飯よ、おいしくなーれ。

細かい作業

手織りキットのサンプルを織っていて感じたことがあります。

「細かい作業ってすごい楽しい!」

というのも、足踏み式の織り機と違ってキットは織る際、どうしてもひと目ひと目経糸をすくって織らないといけないですし、模様を織るにしても一段ずつ織るというよりは、やっぱりひと目ずつ織る、というような方法になってしまいます。
でも、そのひと目ずつという進み方がなんとも心地よかったりしまして、むしろだからこそ細かい模様織ってみよう!なんて気持ちになったりします。
これは織るサイズがコースターの大きさに限られていることが功を奏しておりまして、もしマフラーやマットなんて物を緻密に織ろうと思ったら、それはなかなかどうして、途中で気持ちが折れかけません。
緻密な物を織ろうとするのではなく、織りたいように織ろうと思ったら結果緻密に織っていた、くらいが気持ちいいです。
そうして、湧いてくるイメージや、織っていて気持ちいい方向、色合わせに向かって進んでいく。
無我夢中に、時間を忘れて、自分の内面に向かってものづくりができる楽しさが手織りにはあるなぁ、なんて思いつつ。
そうして、織った物が自分の暮らしを彩って、いつの間にか友人知人、離れて暮らす家族の元へ旅立っていったりして。
目の前の手のひらサイズの織物が、自分の世界をどんどん広げていってくれる感覚。
ずーっとこの世界を繋げていくために、やっぱりしっかり、目の前の細かいことをしようって思います。

YouTube

クオリティはともかくせっかく作った動画なので、織り機の作り方という情報としては悪いものでもないはずだし、、、とインスタTVだけでなくYouTubeにもアップしたのですが、検索に全く引っかからない!
どうしたものかと調べていてふと気がつきました。
びっくりするほどたくさんの動画アップ人口がいるYouTubeに、今からゴーシュが出て行ったところで、どれほどの人に見てもらえるのだろう、、、と。
今している、これからもしようとしている努力はちょっと間違っていそうだぞ、と。

もっとしなくてはいけないのは、「手織りをしたくてもできない人」とか、「おうち時間でやること無くなってきて、子供との関係もちょっと大変かな?になってきそうな方」とか本当に必要としている人に届けたいわけであって、ならばこれまで全くしてこなかったYouTubeで頑張るのではなくって、メインで発信してきたインスタグラムでしっかり分かりやすく、かつ、見やすく発信していくことが、僕ががんばるべき所な気がしました、、、、!
自分が得意な所で、得意だと思えるところで頑張らないでどうするんじゃい!
と、思った所で、YouTubeはひとまずそんなに力入れないことに決めました。。。メンバーさん向けのおさらい動画とかのアップに使うまでにする方が今は良い気がしています。
ゴーシュの動画はひとまず、インスタグラムTV(@atelier_gauche)でのチェックをどうぞよろしくお願いいたします、、、、!

手織りキット

ふとした思いつきから手を動かし始めた手織りキットがようやく完成しまして、先日から販売開始しました。
そのキット製作と同時進行で、インスタライブやインスタTV、YouTubeにも作り方をアップしたりしました。
と言うのも、やっぱりものづくりって楽しいですし、その、作りたいもの(今回はコースター)を作れる道具自体も自分で作れちゃったらそれこそもっともっと楽しいだろうな〜という僕の妄想があったからなのです。
なるべく簡単な手順で、誰でも手に入る材料で、自分のおうちで手織りができるとなったら、おうち時間の選択肢も広がるしでしょうし、ちびっこでもできるとなったら、それこそ将来の可能性もぐいーっと広がるような気がしています。
何も手織り作家にならんでもですね、手織りって自分でもできるんだー、なんて価値観が自分の中にある人が増えたら、他のことに対する視点も世界も広がるような気がするんですね。
なので、自分でつくってみたい!と言う方にはぜひ!作ってみて欲しいと思い、作り方をシェアしてみています。

オンラインストアにもアップしましたら、早速キットを求めてくださる方もいらっしゃいまして、本当に御の字、感謝感激でございました。
お届けする際のパッケージも、せっかくなのだから楽しくってキレイな物にしたいと思ってあれこれそれこれ、、、、。
不慣れなことばかりをしている最近ですが、それでもやっぱりできないことができるようになっていく感覚や、世界が広がる可能性を作っている時間がとても気持ちよくって、どれだけ時間がかかっても惜しくないというか、今思いつくことは全部形にしていきたい!という欲に任せて手を動かしています。
少しずつ少しずつ、立ち止まらずに、一歩ずつ。
せめて1日30時間くらいあればなぁ、なんて。