時間

ただいま19:40。
ブログを書くのは1日も終わりに近づいた頃が多く、晩御飯は何を作ろうかな〜なんて考えながら書き始めることも多いです。
ゴーシュがオープンの日はメンバーさんとのやり取りがメインで、16:00にクローズして、インスタ更新して、それから自分の制作にぐいっと向かい合います。
タテ糸を作る日もあれば、織る日もあるし、張り切って両方の日もあれば、最近は染色用の糸作りをすることも出てきました。
できなかったこと(しなかったこと)に向っていくことは、思うようにならないことばかりで、ともすればストレスになりかねないはずなのに、ものづくりに関してはまったく苦にならず、むしろ試行錯誤が楽しくなって、そればかりに向き合いすぎるくらいになってきます。
若かりし青春時代はのめり込んだら突き進めるだけ突き進んでいて、手を動かしていたらいつの間にか空が明るくなっていることも多々、多々。
今でこそ、「寝ておかないと明日がポンコツになる、、、」と理性が先か、睡魔が先かで徹夜はしなくなりましたが、「したいことをする」というガソリンの燃費のいいことには変わりないな〜と37歳になっても感じています。
最近は自然と6:00前に目が覚めることも多く、日が登るとともに織り始める、、、なんて1日のスタートも素敵だったり!?なんて、低血圧のくせして企んでいたり。
1日24時間はどうあっても変わらないから、過ごす時間の濃度をできるだけ高くしていきたいものです。

梅雨の晴れ間

梅雨の隙間になったような週末でしたね。
ここぞとばかりにゴーシュのお庭を草刈りしたり、グミの木を剪定したり、花壇をしつらえてみたり、いつの間にか生えてきたかぼちゃにベットを敷いてあげたり、、、、。
こうした庭仕事をできることが、ゴーシュを初めてよかったことのひとつにあったりします。
都内にいた29歳のころ。ぼんやりと土に近い暮らしがしたいと思うようになりました。野菜の種や、農薬のことも気になりだした頃だったと思います。
つくばに戻って、畑をしながら手織りをする、なんて暮らしもありかも?なんて思い始めていたあの頃からしたら、びっくりするような今だなー、なんてちょっとなぜか感慨深くなってみたり。
7月でゴーシュも3歳になります。
コロナ禍で未来が見通せないのは誰もが一緒ですし、だからこそどんな未来を築いていけるか、いきたいのか、めまぐるしく変わる状況を見つめながら、今の最善を探していきたい。


リバーシブルの交叉織り

今日(6/24)インスタグラムでメンバーさん向けのサンプル織り画像をアップしたのですが、その織り方をこちらでご紹介してみますね。(メンバーさんへ→後日動画もアップしますー!)

・リバーシブル織りのタテ糸を作る。
 タテ糸を2色選んで、それぞれの太さを1:10くらい差をつけます。
 例 白1本に対し茶10本取りにし、交互に白、茶、白、茶と通し、時々、茶、白、茶、白、と順番を逆にし、また、白、茶、白、茶、と元に戻し、細い白と太い茶が交互になったタテ糸を作る。

・リバーシブル織り方で交叉織りをする
 リバーシブル織り→タテ糸とは逆にヨコ糸は太い白、細い茶、を一段ずつ交互に織り、時々また順番を細い茶、太い白、に変え、また元に戻し、、、を繰り返すと、白の面と茶の面ができてリバーシブルになる。

 交叉織り→右から通したヨコ糸に、左側で違う糸を引っ掛け(交叉させ)、一段に2色入れる織り方。

リバーシブル織り方で交叉織り→右から太い白を通したら左側で太い茶を交叉させる→次の段で右から細い茶を通したら左側で細い白を交叉させる→時々リバーシブル織りの要領で白と茶の順番を変える→交叉させる時に太い茶を違う色(インスタではダークレッド)に変えたりして、模様の出方の変化を楽しむ。

うーん、、、、リバーシブル織りの変化系としてすごい掛け算みたいに模様の出方が複雑になっていくし(でも2枚綜絖でできるし)、いろいろーんな表情に出会えるから面白い織り方だと思うのですが、文字にすると全く伝わる気がしません、、、、!すみません、、、。

藤森照信さん

前からお名前と建築は知っていましたが、先日の情熱大陸にてお人柄を知り、これがまたとってもとーっても素敵な方でして、ジュコさんと二人でもう、なんだか泣けてくるね!と言いながら観ていました。
なんでもそうですが、突き抜けた人はやっぱりステキ。
聞けて嬉しかった言葉や、知れて嬉しかったことなどもちろんありますが、その藤森さん自身の雰囲気、価値観がたまらなかったです。
ゴーシュみたいな場所に興味を持ってくださる方なら、みんな好きになってしまうんじゃないでしょうか。建築も、その人自身も。
そうそう、僕も建築に興味が湧いたのもゴーシュと出会ってからなのです。
Tverなどネットで放送も観れますし、藤森さんの書籍や写真集も色々出ております。改めて、チェックしてみよう!
会いたい人がまた一人増えてしまった、、、、。

選挙ボランティア

選挙ボランティア、行ってきました!
いやー、ドキドキしました!行くまでは。
ボランティアはですね、しない理由は数あれど、する理由なんて少ないわけで、都内へ行く用事に合わせて時間を作ってドッキドキしながら行ってきました。
しかしながら、結果としてはやっぱり行ってよかったー!してよかったー!また時間作って行こう!と思える経験となりました。
僕がしたのは、選挙はがきを封筒に入れていく作業だったのですが、教えてくれた方が学生ボランティアのベテランさんで、聞くと講義のない時はほとんどボランティアにいらしていると。
前回の参院選の時の話とか、政治に興味を持ったきっかけの話とか、色々と聞かせてくれました。
また、興味深かったのは、本当にいろんな方々が会場にいらしていたこと。
学生さん、主婦の方、会社員の方、シニアの方、ピッピー風の方、美容師風の方、、、本当に様々で、僕の目からそのように見えるだけということも大いにあると思うのですが、本当に多様な方がいらしていました。
僕が作業できたのは1時間くらいの短い時間だったのですが、帰り際に、周りで作業中のみなさんも「お疲れさまでした〜!」と声をかけてくださったり、とても気持ちの良い時間をいただいてしまいました。

人それぞれに得意不得意があることを大切にしているからか、ボランティア業務を無理に割り振られることもなく、時間と気持ちに無理のない範囲で作業を与えてくださいまして、行く前のドッキドキはいつの間にかどこかへ行ってまってていました。人手が足りない作業があっても、声かけはするけど、それ以上の引き手はありませんし、作業スピードを求められることもありません。
個々人の気持ちのペースで関わらせていただける、優しさ溢れる時間でした。

いろんな想いや立場がある中で、一人ひとりが集まって、自分にできることを自分の気持ちでする。人の気持ちを想像しながら作業する。
ボランティアは、自分自身が人に対しての優しさを再認識する時間だったのかもしれません。

動画編集

メンバーさん向けに配信を始めた動画も2ヶ月目に入り、そろそろより見やすく編集もしたいな、、、なんて欲が出始めていろいろと調べています。
俯瞰で撮りたいし、字幕も入れられたらいいな、三脚はどれがいいんだろう、編集アプリは?Youtuberさんはどんな編集してるんだろう?改めて視点を変えながら見てみたりしています。

いやー、織ってる時間なくなりますね!これ!

餅は餅屋?!
しかしながら動画配信している方々も個人の方ばかりですし、みなさんやっぱり自分で試行錯誤して覚えて来られたのだと思いますし、、、。
しかしながらすごい!見ていて楽しい、飽きない動画ってすごい。。。
僕の場合、youtuber目指すわけではなく、ゴーシュにいらっしゃるメンバーさんのタテ糸作りや織りの復習動画になることを目指して始めたものなので、そもそも行き先が違うってこともありますが、やってみるともっとより良く!なんて思ってしまうのが作り手ってものです。

ひとまず編集アプリをダウンロードして、やりながら覚える、慣れる方式を始めました。
みなさんにお見せできるものになるのはいつの日やら、、、、。

都知事選挙

目が離せません。都知事選。
4年前はちょうど僕が東京からつくばに戻ってきたタイミング。
そして今はつくば市並木にてゴーシュを開いて、手織りと共に暮らしを重ねています。
僕自身の状況も、世の中のことも、まったく想像していなかった未来に立っている今なんだ、と思うと、この今こそが未来なんだと思わずにはいられません。
都内で働いていた頃は、選挙の度に行ける時は気になる候補者のお話を聞きにまわっていました。自転車だったり、電車だったり、休みの日は都内をぐるぐる動いていました。
今思えば、お仕事を安定した環境でさせてもらっていたからなんだな、としみじみ思います。
僕が政治に興味を持ったのは、東日本大震災がきっかけ。
暮らしの足元が大きく揺らいだ感覚がありました。
そうして、会社員を続けながら自分なりの社会参加を考えた結果、独立してつくばに戻る道を選びました。
それにしても都知事選。
日本の人口約1割が集まる東京。
僕の青春が詰まった東京。
つくばに戻ったからって、遠くの話にはなりっこありません。
仲間たちがたくさん住んでるし、未来の仲間だってたくさんいる。
みんなと話をしながら、しっかり見届けたい

ゴーシュインスタで以前はちょくちょくアップしていた、ゴーシュの本棚シリーズ。先日の読書記事を書いてから、改めて本っていいなぁ、と。
そこでまた本棚シリーズを今日から再開してみましたよ。(内容はゴーシュインスタをチェックしてくださ〜い!)
だからかたまたまか、今日いらしたメンバーさんが本を1冊、ゴーシュに寄贈してくださいました。草木染めの本なのですが、友人から譲り受けたものがたまたま自分の本棚にもあったとかで、巡り巡ってゴーシュの元へ。
しかし、昨今は知りたいことがあったらすぐにグーグル先生が答えてくれます。
YouTubeで世界のみなさんが動画で教えてくれます。
本の出番は何処へ?!
いやいや、ニッチな世界はまだまだありまして、本でなければ知りえなかった、出会えなかったであろう情報が、体験があるのです。(あると思う)
最近染め糸を触っているのですが、そのより良い扱い方なんてネットではなかなか見つからなかったりします。あったとしても、うーん、、、、となってしまったり。僕のリサーチ能力が低い、ということも大いにありそうですが、やっぱり本の存在って大きいと感じてしまいます。
知識としての情報はもちろんですが、装丁や紙の質感、ページをめくる動作、厚み、背表紙、全体のサイズ感、色んな知覚情報があります。
最近では読み物ではなく、見るものとしての本にも接するようになりました。
本を購入する理由は増える一方。
物はそんなに増やしたくないと思っているはずなのに、面白いものです。
本棚はその人の頭の中、と言いますし、みなさんとコミュニケーションを取る意味でも、ゴーシュの本棚シリーズ、続けていこうと思います。

糸をコーン巻きする

今日は染めた綛糸(かせいと)をコーンに巻き直す作業(以下コーンアップ)をしました。
糸を染めるためにはまず糸を綛(かせ)という状態にした方が染めやすく、その綛で染めた糸をゴーシュにあるようなコーン巻きの状態にしてから織る、ということが一般的な糸染めの流れ(のはず)です。
のはず、というのも、染めに対して師というものがおりませんで、本を読んだり見聞きした情報をもとに「やってみている」ので、「これでいいはず」という作業進行だったりします。
だからか、ただただ僕が慣れていないからか、すんごく時間がかかってしまいまして、これはちょっと先が長いぞ、、、という状況が見えました。
すごい前進!
というのも、手織りをしていると、「染めはしてるんですか?」「紡いでいるんですか?」とひんぱんにご質問いただきます。
している、と言えるほどの経験はないのですが、したことがある、くらいなのでそのままお伝えしているのですが、今年は染めもしたい(久しぶりに)!、ということで、今日はそのコーンアップ作業だったのです。
しかしながら、みなさんにお伝えする前に僕自身がある程度慣れておかねばならぬ現状がすっごく浮き彫りになりまして、どんな方法がいいのか、簡単に楽しくできるのか、ちょっとムフフと考えております。うん。簡単に楽しく、がいいですよね。はじめの一歩はどんな形がいいか。お庭の藍が育つ前に決めなくっちゃ!

読書

写真家 幡野広志さんの本を読んでいます。
35歳で治らないがんになり、余命3年の宣告を受けておられる方です。
1冊目「ぼくが子どものころ、欲しかった親になる。」は母から勧められて、2冊目は、ゴーシュの本棚にあった前述の本を見て、こちらもぜひ、と貸してくださったメンバーさんから。
読みたいと思って手に取った本が溜まりに溜まってなかなか減らず、読みたい本ばかりが増えて、読んだ本が増えない僕ですが、幡野さんの本は読み続けずにはいられませんでした。もちろん面識なんてありませんし、メディアで拝見したこともありません。ブログやSNSすら見ていません。でも、読まずにはいられませんでした。感情が、記憶が途切れる前に1冊を通してしっかりと読みたかった。
不思議な感覚でした。
先日ネットで見かけて強く興味を持った方の書籍を、すぐさまamazonで購入しました。これは読みたい、これからの自分に必要な気がする!と読み始めたのですが、どうにもページが進みません。いつも見える場所に置いて、毎日触れるのですが、なかなか速度はあがりません。
どちらの本も、著者ご本人の経験、知識、感情、想い、意志がこもった人間味のある内容であるはずなのに。
つよいことば、やさしいことば。
いきていることば。
にんげんのことば。
本は、今も変わらず僕に僕を教えてくれる存在です。