コート・ドール

いつか行こうと言っていたそのレストラン。
僕は、オーナーシェフの著書を20台前半から何度も読んでいました。
同じ本を何度も何度も。
ことあるごとに読み返しては、その時々で入ってくる言葉、湧き上がってくる感情、見えてくる明日の景色、全てが違っていました。
こんな価値観を持った人が作る料理はどんな味がするのだろう。
どんな空間で、どんな人たちが働いているのだろう。

普段はコの字カウンターの大衆酒場が好きな僕です。
東京時代の行きつけは立ち飲み屋でした。
レストランなんて数えるくらいしか行ったことがありません。
しかしながら、今回は別です。
今しかできないこと=二人でレストラン、だなんて、書いててちょっとオシャレすぎる?と恥ずかしくなりますが、気持ちと懐を奮発して行ってきました。

そうしてそのレストランは、「行ってよかった」「今度は3人で来れるようがんばろう!」と思う、本当に素敵で優しいお店でした。
僕みたいな人でも頑張らずにいさせてくれるサービス。
塩味を感じないと言っていいほどあっさりした味付けなのに、すごく満足感のあるお料理たち。
量も少しずつなのに、これで充分!と感じるお味なのです。
すごかったなー。
本当に、全部が全部、やさしい空間でした。

この感動を伝えたい!と後日シェフに宛てて二人でお手紙を書きました。
そうしたらご丁寧にお返事いただいてしまって、そこに書かれた言葉たちがまた金言でして。
今、仕事ができていることに感謝し、仲間と、家族がいることをなにより大切にしていこうと、改めて思ったのでした。

家族が増えます

いきなりもいきなりですが、4月に家族が増えることになりました。
ジュコさんと一緒になり、家族のありがたさを噛みしめる日々にあって、大きな大きな変化を迎えます。
僕が人の親になるなんて、今でもまだ実感がわきません。
妊娠が分かった時は、”嬉しい!”よりも”とうとうきた?!”という驚きの方が大きくって、二人でじっくり見つめ合ったことを覚えています。
どうしたらいいかわからなくって、ひとまず仲間たちに話そうかと思ったけれど、「安定期が来るまでは家族以外には話さない方がいいよ」というアドバイスにドギマギしながら、でも、何があるか分からないから、、、と伝えた取引先さんには「まだ聞かなかったことにしておくね」と奥深いリアクションをいただいたり、、、。本当に初めてのことばかりで、未知への不安と楽しみが交互にやってきては、これから続いていくであろう二人から三人への暮らしの変化に思いを馳せています。
世の中のお父さんお母さんはみんなこんな道を通ってきたのか!と思うと道行くご家族全員を尊敬の眼差しで見つめるようになりました。
ほんと家族ってすごい。
夫婦の話題も増えて、より一層仲良くなれた気がします。
安定期を迎え、友人知人にも話始めると、みんながみんな喜んでくれます。
僕たちもびっくりするくらい、「よかったねー!」とハッピーな顔を見せてくれます。子供って、産まれる前から人を笑顔にできるんですね。
すごいことだなぁ。
これはもう、産まれてきたら楽しいことがもっともっとたくさん増えてしまって、今の楽しいことが手につかなくなってしまうのではないか?なんてよく分からない考えが浮かんできたり。

「産まれたら二人だけの時間なんてないんだから、今のうちに夫婦でしたいこと、全部しておいた方がいいよー!」

おお、ほんとそうですね。
そうしたら何がしたいかな。二人だけでしておきたいこと、なにがあるかな。
そうだそうだ。あのお店に行こう。
いつかディナーに行きたいね、と話していた、あのレストランに行ってみよう。

幼稚園見学

幼稚園の見学に行ってきました。
お散歩途中でいつも見かける”にじいろ保育園”。
田畑が多いエリアにすっとたたずむ素敵な建物で、どんな園なのかな、と思っていたらメンバーさんのお子さんも通っていたりして、これはやはり行ってみたい!と、これまたお散歩がてら、お伺いしました。
子供達の様子もみれますよ、との事で日中の訪問だったのですが、それはとてもとても幸せな場所でした。
子供たちを”ひとりの人”として尊重する考え方があって、みんなと同じ事をしなくてもいい環境が本当に心地いい雰囲気で。
案内してくださった職員さんの特に印象に残った言葉があります。

「みんな幸せになりたいだけなんですよね。」

ほかの子のものを取ってしまったり、押しのけてしまったり、ものを投げてしまったり、、、いわゆる”いけないこと”とされている事も、悪い事をしようとしているのではなくて、シンプルな”それをしたい”という欲求があるからしているだけで、ならばそれは叱ることではなくって、「こうしたらどう?」「こっちにもこれがあるよ」と選択肢を見せてあげたらいいのだと。
そうすると、その子が他の子にも同じように違うものを渡してあげたり、譲ってあげたりするようになる、と。

肯定された経験は自分を好きになるきっかけを生んでくれて、自然と人に対しても肯定する事ができるようになるんですね。
こんな環境や価値観が、人生始まったばかりの彼、彼女たちの近くにあるなんて、なんて素敵なことでしょう。

子供たちと触れ合う先生方や、対応してくださった職員さん、栄養士の先生方も、とても楽しそうに、和やかにしておられて、そこでもまた幸せおすそ分けいただいてしまいました。

人を育てるのもまた人であり環境。
とっても素敵な初めての幼稚園見学でした。

えんとつ町のプペル

突然ですが、僕はキングコング西野亮廣さんを応援しています。

あんなに一生懸命な人を僕は見たことがありません。
自分の目標に、あんなに正直な人を僕は他に知りません。
そして、あんなに優しい人を僕は他に知りません。
いや、最後だけは嘘で、僕のまわりには優しい人ばっかりで、みんな愛情深くって、ほんとにいつも感謝してばかりなのですが、西野さんの表現に触れていると、本当にこの人は優しい人なんだな、と思わずにはいられません。

西野さんに興味を持ったのは、「成人式をやり直そう!」みたいな企画でクルーズ船を貸し切って、費用は全部西野さん持ちで、衣装やヘアメイクさんや関係者各位もたくさんいて、そのイベントにボランティアで友人も参加していたりして、、、この人、なんか面白いぞ?!と思ってからでした。
絵本を書き始めた時も、その絵本の無料公開の時もそうですし、気持ちのどこかでずっと気になっていました。
そうして、西野さんの現在進行形エンタメが知れるということで、オンラインサロンに入会したのが去年の5月ごろ。
毎日投稿される記事にふむふむと学びを得て、膝を打ち、心踊らせ、背中を押されながら、いつの間にか西野さんのプチ追っかけみたいになっています。
つまりただのファンです。
知れば知るほど好きになる、と言ったら気持ち悪いのですが、気にせざるを得ない頑張りっぷりなのですね。
ほんとにほんとにほんとうに頑張っていらっしゃる。
言葉遣い変になってしまうくらい、西野さんはがんばっているんですね。
だから、こんなに頑張っている人がいるのだから、僕ももっともっと頑張れるし、もっともっと進みたい!と思わせてくれる。
同じ時代にすごい人がいたものです。

そんな西野さんが8年前にスタートさせた”えんとつ町のプペルプロジェクト”のフィナーレである、「映画えんとつ町のプペル」が12月25日に公開されます。
つくばでは、イオンの2F “USシネマつくば” かイーアスの3F “MOVIXつくば”で上映されるそうですよ。
僕も初日に見に行きますので、このブログを読んでくださっているみなさんも、ぜひご予定に入れてみてくださいね。
いつもありがとうございます。

映画えんとつ町のプペル公式サイト →  ☆☆☆
西野さんのオンラインサロン    →  ☆☆☆
最近のエッセイもたまらないです  →  ☆☆☆ 




久しぶりの畑

久しぶりに畑をしました。
にんにくを植えて、タネ採りのために藍を刈り取って、里芋を掘りました。
里芋の茎は干して芋がらにすると保存もききますし、歯ごたえがシャキシャキと心地よくとても美味しいので、その仕込みもしています。
ある程度乾いたらひっくり返してまた乾かして。
風の力を借りて、味もぎゅっと深みが出るようです。
最近の暖かさのせいか、草も少し生えてきました。
緑が心地よくもあるのですが、そこはえいやっと草刈りしたり。
そうそう、堆肥にするための今ポスターに枯葉をたくさん詰め込んだりもしましたよ。
お庭のある暮らしになってから、生ゴミは捨てずにお庭の土に還すようになりました。自然の循環の一部にお邪魔させてもらえているようで、なんだか嬉しい気持ちになるのです。
そしてですね、堀った里芋をゴシゴシたわしで洗って泥や毛を落とし、(毛が生えている?!かのようなもさもさなんですよ)里芋からニョキニョキ生え出ている根っこをプチプチ切り落としながら思いました。
芋を洗うって、なんて手間なんだ、と。
そして、この手間を省くことなく、自分で植えて収穫した芋を自分で洗い続けられる暮らしをしたい、と。
もちろん美味しく頂くところまでしっかりね。
芋の煮っころがし、大好きなんです。

日々

週末は草の根鍼灸院さん前で行わているまめ市に行ったり、藍染風布さんの展示を見に行ったり、庭の草刈りをしたりと、我ながら充実の日々でした。
展示会前はどうしたって気持ちがあせってしまって、あれも足り無いこれも足り無い、、、、気がするわたわた状態なのですが、そんな時こそ周りを見よう、日々のことをちゃんとしよう、と外に出たわけでございます。
気がつけば棚の中やテーブルの上がわさわさしてしまうところを整理してみたり、夏のラストランで伸びている草たちを刈りそろえたり、、、そうすると気持ちがスッキリするので、改めて展示会の準備も捗るってものです。
ものづくりは環境作り、とはよく言ったもので、お掃除しながら、なるほどなーとひとりうなずいたりしています。
いかんせん、ルーティーンが崩れがちなここ最近ですが、自分なりの心地いいバランスを探しながら走り抜けたいものです。

クツの日

昨日は9月2日、クツの日でした。
ジュコさんのシューズブランド「JUCO.」が生まれて14年。
つくばのあたたかなレストラン、シェ・レノンさんでお祝いしました。
僕とジュコさんは出会って4年、家族になって3年ですが、この間だけでも本当に色んなことがありました。アトリエの引越し、結婚に伴うつくばへの移住、長年仕事を共にしたスタッフの退職、職人さんとのコミュニケーション、ものづくりの仲間たちとのやりとり、、、会えば仕事の話を当たり前にし、それが楽しくって、暮らしも仕事も分けることなくたくさんの話をして、感情の交換こをしてきました。
そうして今、頼れる仲間たちと仕事ができていることがとても嬉しいのでしょうね。ものづくりを生業にする以上必ずある「生みの苦しみ」は無くならずとも、日々がとても充実している様子が伝わってきます。
本当によかった。
スタッフのみなさん、ありがとうございます。
僕が言うのも変かもしれませんが、ほんとそう思わずにはいられません。
靴業界は大手がどんどん無くなっていくんですって。
職人さんも高齢化が進んでいて、「この人がいなくなったらこのデザインの靴が作れなくなる」ということも珍しくないそうです。
手織り人口も少ないと思っていましたが、靴作りをする人(生業にしようとする人)も、とても少ないのですね。
ゴーシュにはまだ、「手織りを仕事にしたい!」というような方はいらっしゃいませんが、もしそんな日が来たら、できる限り力になりたいです。
仲間が増えるんですもの、最高に嬉しいことですよね。
ジュコさんにも、これからも作りたいクツを作り続けられるよう、しっかりと寄り添っていきたいです。
14周年、本当におめでとう。
これからも、ものづくりの日々を一緒に楽しんでいきましょうね。

「JUCO.」

今日から運動!

継続は力なり、と言いますが、これは本当にそうだと思っていて、続けていくことでしか見えない世界や感じることのできない世界があると思っています。
手織りを初めて今年は10年目、個展での作品発表を初めて9年目なのですが、織りを始めた当初に出会ったお店さんや作り手仲間に最近会って、今でも手織りの活動を変わらずしていることを伝えると、それだけで「すごい」と言われることが多いです。続けられていることがすごいって。そこにはいろんな意味が込められているのでしょうが、「好きはあっという間に継続なれ」と言いますか、本人には大した自覚もなく、大変なことも、そこまで深刻にならずに(なりすぎずに)続けてきたように思います。
そこでそこで、やはり織り以外にも、これまでしてきていなかったことや続いていないこと(英語の勉強、イラストレーター、日々の運動、筋トレ、新聞のスクラップ、、、、いろいろ)をここで意識的に始めてみようと思います!
なんで今日?というところなのですが、そこは思ったが吉日。
明日からやる!でなくて、今日からやる、が何かを始める秘訣のような気がしているので、今日から「何かしら毎日運動!」をしようと思います!
織っているとどうしても肩首背中が固まってきます。前傾姿勢で疲れが出たりもします。なので、これからもいいもの楽しく気持ちよく織り続けるためにも、日々の運動!ということで、今日は手始めに軽くぶら下がり運動、懸垂(けんすいって難しい感じですね!)5回×4セット(インターバル30秒)。
数にしたら少ないのに、すっごくしんどい!

お盆、終わって

お盆は我ながらびっくりするくらい!のんびりしてしまいました。
どこかに遠出するわけでもなく、ほとんどつくばにいたのですが、それでも普段と違う時間を過ごすことは心地よくって、贅沢な体験でした。
なかなか会えない仲間たちと会ってご飯を食べて、時間を気にせずゆっくり話して、家族のことや仕事のこと、とりとめもなく色々な価値観を再認識しました。
中には、庭仕事をしたい!と言ってくれる仲間もいて、一緒に庭木の剪定をしたりしましたよ。仕事では自然と触れ合うことがないから、とても気持ちがいいそうです。木に登っての剪定は、ジムに行くよりいい運動になる!と言っていました。日が照りつける中、アラウンド40のおじさん二人が声を掛け合い汗をかきながらする庭仕事の絵は、以外に悪くなかったんじゃないかなー。なんて。
そうそう、水分補給は最近よく作る自家製紫蘇ジュースなのですが、塩を少し入れるとなんとポカリスエットみたいな味になって、より吸収がいいように感じます。糖分、塩分、クエン酸、、、ポカリみたいなものですね。

酒寄家の家族たちとの時間を持てたことも嬉しかったことのひとつです。
それぞれ家庭や仕事で独立し、自分たちの暮らしのリズムができるとどうしてもみんなで集まるということが難しくなります。でも、お盆をきっかけにして集まって、同じ時間を共にすることができるのは、本当にご先祖様に感謝ですね。
お迎えに行って、送ること。その年での役割分担になっていますが、それでも、連絡を取り合えることが嬉しいものです。
会いたい人に会えない時間が多かった分、今まで以上に人との繋がりを大切に思います。世の中が変われば、思いやりの形も変わっていく。それこそ、変わらないものなんてないよなー、とも思います。でも、変わらない関係を続けていく、築いていくためにも、臨機応変にできる状況を保ちたいと思います。

8月のゴーシュは例年通り?のんびりですが、お庭でぐんぐん育つ藍の生葉染めが好評で嬉しい限り。僕自身学びながら、メンバーさんと一緒に楽しんでいます。今年も実りの秋に出会えるよう、地に足つけて、この夏を楽しもうと思います。

つくばで自転車

つくば駅前でレンタサイクル、1日8:30〜18:00で¥500。(2020/08/10現在)
自転車の街つくばという言葉も聞こえてくるくらいですし、たまにはこんな休日もいいかと、お昼からぐるーっとつくば駅周辺をサイクリングしてきました。

まずはおなじみCOXでランチして、diariseでお洋服を物色、5月にオープンしたばかりのアントルポ(チーズとワインのお店in天久保2丁目)で明るいうちからグラスを鳴らし、千年一日さんで河合画伯の画を堪能。気に入った2枚の画が先客のご夫婦と全く一緒で話が盛り上がり、おとなりPEOPLE BOOK STOREでお客さんとビールを飲んでいる植田さんを見てほっこりし、わかたろうでわかちゃんのポテトサラダに舌鼓。最後は噂のフィンラガンへ初訪問。つくばの夜を感じつつ、楽しすぎて時間に帰れずレンタサイクル延長はお約束。
1日に7件も周りましたが、風を切るライディングはとても気持ち良くって、ほどよい疲労感と共に帰宅となりました。
自転車に乗るだけで視界が変わり、いつもの道がまったく違う景色に変わる新発見。想像したら分かりそうなものですが、実際に体験すると想像とはまた違った感覚と出会えました。休日はつくばで自転車。おかげさまで充実の休日。これはリピートありです!